デルフト・ブルーの歴史

1168 ビュー

デルフト・ブルーの歴史

デルフトブルーは16世紀以来、デルフトの街で生産されている世界的に有名な陶器です。1600年から1800年頃までの間、この陶器は裕福な人々の間で人気があり、彼らはお互いに自分のデルフトブルーのコレクションを自慢し合っていました。ただ、デルフト焼きの陶工はこの陶器をむしろ“磁器”と呼びたがっていましたが、実際のところは本物の中国磁器の廉価版といったところでした。デルフトブルーは通常の磁土で作られていたわけではなく、焼いたあとにスズのグレーズでコートされていました。それでもデルフトブルーは非常に高い人気を得て、その最盛時にはデルフトに33の工房が存在していましたが、現在まで残っているのは「デ・ポルセライネ・フレス」ただ一つとなっています。

読む

デルフトブルーは16世紀以来、デルフトの街で生産されている世界的に有名な陶器です。1600年から1800年頃までの間、この陶器は裕福な人々の間で人気があり、彼らはお互いに自分のデルフトブルーのコレクションを自慢し合っていました。ただ、デルフト焼きの陶工はこの陶器をむしろ“磁器”と呼びたがっていましたが、実際のところは本物の中国磁器の廉価版といったところでした。デルフトブルーは通常の磁土で作られていたわけではなく、焼いたあとにスズのグレーズでコートされていました。それでもデルフトブルーは非常に高い人気を得て、その最盛時にはデルフトに33の工房が存在していましたが、現在まで残っているのは「デ・ポルセライネ・フレス」ただ一つとなっています。

デルフトブルーの始り

何世紀にもわたる年月の中で、陶器の流行もさまざまに変わりました。1550年頃にはスペインやイタリアのマジョリカ陶器が流行でした。1585年にスペインの征服者に街を追われるまで、アントワープの多くの陶工たちがこの人気の高い陶器を模倣しました。彼らはデルフトに落ち着き、1602年から今度は当時最新の流行であった中国磁器の製造に打ち込みました。それ以来、デルフトの街はデルフトブルーと密接な関わりを持つことになるのです。

今日のデルフトブルー

1600年から1800年頃までの間、デルフトはヨーロッパで最も重要な陶器の産地のひとつでした。デルフトブルーの人気は非常に高く、世界中の金持ちにより収集されました。しかし陶工たちにとっては不幸なことに、デルフトブルーの人気はすたれ、一軒一軒工房が閉鎖されていきました。1653以来、今でも唯一残っているのは、伝統的な手法に従ってデルフトブルーを生産し続けているデ・ポルセライネ・フレスだけです。ほかにデルフト周辺で、観光客がこの陶器を見ることができるのはデ・デルフト・パウとデルフトの中心部のマルクト広場(グロートマルクト)周辺にある数多くの土産店です。


近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む