オランダ黄金時代の歴史

2035 ビュー

オランダ黄金時代の歴史

オランダ黄金時代は、17世紀の大部分を含みます。前半はスペインとの80年戦争(スペインからのオランダ独立戦争)に占められました。独立を勝ち取った後、後半の世紀はオランダ連邦共和国が国を平和裏に治めました。この時代にオランダの探検家たちは新たな領土を海図に記し、国外に定住しました。オランダ東インド会社による貿易は繁盛し、海戦の英雄は勲章を授けられ、国民的英雄になりました。この時代、オランダの巨匠は、美術界で優勢となり、それまでに超えられていなかった分野の人々の肖像画や風俗の写実的な絵の深さをつくり出しました。

読む

オランダ黄金時代は、17世紀の大部分を含みます。前半はスペインとの80年戦争(スペインからのオランダ独立戦争)に占められました。独立を勝ち取った後、後半の世紀はオランダ連邦共和国が国を平和裏に治めました。この時代にオランダの探検家たちは新たな領土を海図に記し、国外に定住しました。オランダ東インド会社による貿易は繁盛し、海戦の英雄は勲章を授けられ、国民的英雄になりました。この時代、オランダの巨匠は、美術界で優勢となり、それまでに超えられていなかった分野の人々の肖像画や風俗の写実的な絵の深さをつくり出しました。

美術に反映された黄金時代

黄金時代の画家は、目の肥えた新たな中産階級のパトロンが望む情景を描きました。商業活動や探検から得たこの新たな富に加えて教会の後援がなくなったことで、美術のテーマが聖書から俗世に変わり、大きな革新になりました。日常生活の物を描いた静物画、風景画、共和国が享受した海軍力と貿易力を示す海の絵が人気がありました。大勢の人の肖像画も標準的主題です。レンブラントの「夜警」など、民兵ギルド(組合)や市民組織のものが多くあります。レンブラントもフェルメールも生存していた時代には人気がありませんでしたが、後に世界がオランダの巨匠を判定する基準になりました。

黄金時代の美術館とツアー

オランダの地方や都市の多くの美術館と建物は、オランダ黄金時代を反映しています。アステルダムのアムステルダム国立美術館や国立海洋博物館は、この時代の建物の中にあり、オランダの巨匠の多くの作品を所蔵しています。黄金時代に焦点を合わせたオランダーツアーのオプションが数多くあります。デルフト、ハーグ、アムステルダム、ゴーダおよび黄金時代の建築や絵画、さらに、昔のすばらしい伝統を反映した絵画を所蔵する現代美術館を含む鉄道でのツアー。これらの美術館を見学し、興味がある見学者は、オランダやその輝かしい歴史について稀有な知識を得て心が豊かになることでしょう。


 

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む