ヒュッツポット

5050 ビュー

ヒュッツポット

10月3日に、ライデン市では1574年のスペインの侵略に対する勝利を祝います。年に1度の催しで、その間、ライデンの人々は大量の白パンとニシンのほか、さらに大量のヒュッツポットと呼ばれるカラフルなマッシュポテト料理で祝います。ヒュッツポットは10月3日に食べるだけではなく、寒い冬の季節に極めて人気のある夕食です。

読む

10月3日に、ライデン市では1574年のスペインの侵略に対する勝利を祝います。年に1度の催しで、その間、ライデンの人々は大量の白パンとニシンのほか、さらに大量のヒュッツポットと呼ばれるカラフルなマッシュポテト料理で祝います。ヒュッツポットは10月3日に食べるだけではなく、寒い冬の季節に極めて人気のある夕食です。

ヒュッツポットは伝統的にはklapstukという一切れの牛肉の蒸し煮を添えて出しますが、典型的なオランダのミートボールを添えて食べることもあります。この料理に使うおすすめのにんじんはFlakkeeAutumn Kingなどの冬にんじん(winterpenen)です。初霜が降りてすぐに収穫されるより大きくて太い品種のオレンジ色のにんじんです。にんじんの糖分はこの料理に少し甘みを加え、若い人も年配の人も誰にでもアピールする料理です。

イランから来たにんじんは17世紀に初めてオランダに出現し、オランダ王家のオレンジ家を称えて明るいオレンジ色になるまで人工授粉されました。

牛肉の蒸し煮添えヒュッツポット(Hutspot met klapstuk)

  • 牛肩リブロース 500g
  • 水 400mℓ
  • 固形ビーフブイヨン 1/2個
  • ローリエ 1枚
  • 黒コショウの実 8粒
  • 小麦粉 大さじ1杯(水1/2カップで溶した状態)
  • じゃがいも(大)6個、皮をむいて4等分にする。
  • にんじん(大)8本、皮をむいてさいの目にカットする。
  • タマネギ(大)4個、皮をむいて薄切りにする。
  • 塩コショウする。

オランダのオーブンまたは蒸し煮用フライパンに水を足す。固形ブイヨンを入れて溶けるまで混ぜる。牛肉、ローリエ、コショウの粒を入れて弱火で約90分、または牛肉が柔らかくなるまでトロトロと煮込む。

肉を取り出して器に盛り、ローリエとコショウの実を捨て、溶かした小麦粉をフライパンのソースに入れてかき混ぜる。フライパンの底をこそげ落としながらかき混ぜてくっついた肉のかけらをほぐす。ソースのとろみがつくまで火を少しづつ強める。肉にソースをかけて脇に取りのけておき、温めておく。

そのかたわらで、じゃがいもをフライパンにならべて、じゃがいもがひたひたにかぶるくらいまで水を入れる。にんじんを上に乗せて、最後にタマネギを入れる。塩を加える。蓋をして沸騰させ、火を弱めて約20分間、またはじゃがいもが煮えるまで煮込む。ゆで汁そのまま捨てないでとっておく。じゃがいも、にんじん、タマネギをつぶしてマッシュポテトくらいの柔らかさにする。もっとなめらかにするのに液体が必要であれば、取っておいた大さじ1杯のゆで汁を加える。味見をして塩コショウでととのえる。

大皿盛りでヒュッツポットを出し、牛肉を薄切りにして、ソースをかけて添える。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む