マルクトとマーケット

Denise Kortlever, 2013年3月5日, 475 ビュー

マルクトとマーケット

マルクトは新しいタイプの市場であり、伝統的なスーパーマーケットに代わる本物の食品チェーン店です。アムステルダム、ハーレム、デン・ハーグ(間もなくロッテルダム店も開店予定)にある店は、活気がある素敵な環境で新鮮な有機食品を利用しやすくしています。世界的な小売食品会社に勤めていた創設者のQuirijn BolleとMeike Beerenは本物の新鮮な食料品のスペースがないことに気づき、変革の時であると判断しました。「お客様は購入する生産物の健康と安全や背景により関心をもたれているようですが、多くの場合に従来のスーパーマーケットでは本物の食べ物を見つけられません。」マルクトはお客様と、まさにこの本物の産物を提供する農家と生産業者を結びつけます。」

読む

マルクトは新しいタイプの市場であり、伝統的なスーパーマーケットに代わる本物の食品チェーン店です。アムステルダム、ハーレム、デン・ハーグ(間もなくロッテルダム店も開店予定)にある店は、活気がある素敵な環境で新鮮な有機食品を利用しやすくしています。世界的な小売食品会社に勤めていた創設者のQuirijn BolleとMeike Beerenは本物の新鮮な食料品のスペースがないことに気づき、変革の時であると判断しました。「お客様は購入する生産物の健康と安全や背景により関心をもたれているようですが、多くの場合に従来のスーパーマーケットでは本物の食べ物を見つけられません。」マルクトはお客様と、まさにこの本物の産物を提供する農家と生産業者を結びつけます。」

マルクトの理念は「本物の食べ物」です。マルクトによれば、本物の食べ物とは信頼できる(無添加または疑わしいE番号がなく、有機が望ましい)、環境に配慮して生産され(「苦い後味」のないサステイナブル生産)、とても新鮮な(地元産の旬の生産物)、飛び抜けて素晴らしく(熱心で面倒見の良い生産業者)、とても味がよい(あらゆる生産物が味、匂い、食感に基づき承認されています)ものです。

この理念はホールフーズ(Whole Foods)を思い起こさせるかもしれませんが、マルクトについてユニークな点は、地元の生産物を中心にしていることです。マルクトは可能な限り地元のサプライヤーを利用し、顧客と生産者の間の相互交流を促しています。店内に掲示板を設置し、羊のチーズを製造した農場や、誰がサワードウでつくったパンを焼いたか、山羊のチーズと一緒にわさびのハマスとラタトウーユをつくったかなどの情報を掲示します。すべての食べ物が食欲をそそる魅力的な方法で展示されているので、食べるのが待ちきれないほどの食料品を詰め込んだ袋なしでマルクトを立ち去るのは実際不可能です。

町の中で本物の食べものを扱っている他の場所は、人気のある食品市場の1つにあります。訪れる価値がある場所はPure Markt(アムステルダム、デン・ハーグ、アムステルフェーン)です。ここでは食通たちは注文が入ってから調理されるクレープや薪釜で焼いたピザから放し飼いの肉、地ビールや英国パイまであらゆるものを見つけることができます。また土曜日にはNoordermarktやNieuwmarktの有機食品市場(両方ともアムステルダム)でさまざまな新鮮でおいしい食べ物が熱心な生産者によって販売されています。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む