マタ・ハリ

466 ビュー

マタ・ハリ

オランダ人のマタ・ハリ(1876-1917)は、魅惑の踊り子であり、高級売春婦でもありました。パリに住んでいた絶頂期には、ヨーロッパ中にその名を馳せましたが、第一次世界大戦のさなかに、彼女はフランスにスパイ容疑をかけられます。その結果処刑され、41才の悲劇の生涯を閉じました。

読む

オランダ人のマタ・ハリ(1876-1917)は、魅惑の踊り子であり、高級売春婦でもありました。パリに住んでいた絶頂期には、ヨーロッパ中にその名を馳せましたが、第一次世界大戦のさなかに、彼女はフランスにスパイ容疑をかけられます。その結果処刑され、41才の悲劇の生涯を閉じました。 

マタハリの生涯 

マーガレッタ・ヘルトゥルーダ・ゼレ(マタハリの本名)は、レーワルデンで生まます。結婚に失敗した後パリに移り住むと、またたく間に売れっ子の踊り子になり、ヨーロッパ中の主要都市の劇場で公演しました。 

高級娼婦としての彼女は、高級士官や政治家など、多くの実力者と関係を持ちます。その上オランダ国籍であったこともあり、第一次世界大戦中に彼女は自由に国境を越えることができましたが、そのために疑惑が生まれます。1917年、マタ・ハリはフランスでスパイ容疑で逮捕されます。確固とした証拠はなかったものの、銃殺処刑されました。 

フリース博物館レーワルデン 

マタ・ハリの生涯をより深く知るには、レーワルデンのフリース博物館がおすすめです。ひとつの展示室がすべて、マタ・ハリをテーマにしていて、その悲劇の生涯は多くの映画制作者も魅了しました。彼女は、当時のヨーロッパで「凋落」の象徴とも見られていました。

近場の見所をご覧ください
Google map
住所: 
Wilhelminaplein 92
8911BS レーワルデン

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む