新オランダ洪水線

216 ビュー

新オランダ洪水線

新オランダ洪水線は、軍事防衛線です。全長85km、幅3~5kmの環状線で、マウデン、ユトレヒト、フレースワイク、ホーリンヘムを取り巻いています。1815年から1940年にかけて、オランダの主要防衛線として活躍しました。

読む

新オランダ洪水線は、軍事防衛線です。全長85km、幅3~5kmの環状線で、マウデン、ユトレヒト、フレースワイク、ホーリンヘムを取り巻いています。1815年から1940年にかけて、オランダの主要防衛線として活躍しました。 

独創的なシステム 

新オランダ洪水線は、水を使った防衛線です。外敵の侵入から国土を守るために、洪水を起こして防衛線としたのです。水深は40cm程ですが、これは歩兵や車両、馬の通行を妨げるのに十分で、船には浅すぎるという絶妙な水深です。1870年には、水門、堤防、そして洪水運河の画期的なシステムによって、わずか3週間で洪水を起こせるようになりました。 

新洪水線を探検 

この防衛線を構成する建造物は、現在でも1000余りが残されています。この洪水線の周りを歩いていると、城砦都市、砦、砲台、水門、燃料庫など、あちらこちらにかつての名残が見受けられます。この国がどのように外敵から身を守っていたか、その歴史に思いを馳せ、洪水線上の土地がいつまでもその景観を残していることに驚くでしょう。新洪水線はその良好な保存状態から、ユネスコの世界遺産にもノミネートされています。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む