オリボレン

933 ビュー

オリボレン

オランダのクリスマスや大晦日は1年の間でも常に魅惑的な時期です。通常、厚く積もった一面の雪で覆われ、通りは素敵な雰囲気を加えるクリスマス・ツリーや何千ものライトが飾られています。人々は愛する人たちと一緒に過ごすために家路を急ぎますが、その前にたくさんあるオリゴレン屋台(oliebollenkramen)のうちの1つに立ち寄ることは忘れません。これらの色鮮やかな屋台はこの時期、さまざまな街角に出現し、さまざまな伝統的で季節的な揚げ物が売られます。人々は揚げたてのオリボレン1袋を持ち帰り用にし、また、その場で食べられるように余分に1つ買います。

読む

オランダのクリスマスや大晦日は1年の間でも常に魅惑的な時期です。通常、厚く積もった一面の雪で覆われ、通りは素敵な雰囲気を加えるクリスマス・ツリーや何千ものライトが飾られています。人々は愛する人たちと一緒に過ごすために家路を急ぎますが、その前にたくさんあるオリゴレン屋台(oliebollenkramen)のうちの1つに立ち寄ることは忘れません。これらの色鮮やかな屋台はこの時期、さまざまな街角に出現し、さまざまな伝統的で季節的な揚げ物が売られます。人々は揚げたてのオリボレン1袋を持ち帰り用にし、また、その場で食べられるように余分に1つ買います。

オリボレンは、文字通り揚げドーナツと訳されますが、たっぷりの油で揚げたパン生地のドーナツで、レーズンやスグリの実がちりばめられ、たっぷり粉砂糖をふりかけて甘くしてあります。1年のこの時期にコーヒーと一緒にオリボレンを出すのが伝統的な食べ方です。

オリボレンは、ホットコーヒーと一緒に、また、余分の粉砂糖をふりかけて、冷めてもおいしくいただけます。このレシピでおよそ6個のオリボレンが作れます。

オリボレン (Oliebollen)

  • 小麦粉 125g
  • 温めた牛乳 75mℓ
  • ドライイースト 7g
  • 柔らかくしたバター 20g
  • 砂糖 15g
  • レモンゼスト 小さじ1杯
  • 塩 ひとつまみ
  • 卵 1個
  • レーズンとスグリの実または他のドライフルーツ 20g
  • 粉砂糖 山盛り大さじ1杯

数時間前にラムかお湯にレーズンを浸す。できれば揚げる日の1晩前に浸す。温めた牛乳にイーストを入れて溶かす。小麦粉、砂糖、レモンゼストを混ぜ、牛乳とイーストを注意深くかき混ぜる。卵と塩を加えてバターを数分間またはすべてがよく混ざるまでかき混ぜる。水気を切ったレーズンを入れてかき混ぜる。蓋をして大きさが倍になるまで発酵させ、かき混ぜてまた発酵させる。

その間、揚げ鍋の油が190℃(華氏375度)になるまで火を強める。皿に何枚かペーパータオルをのせて揚げ物の余分な油を吸収させる。生地をかき混ぜる。今度は大きなスプーンかアイスクリーム・スクープを使って1個分をすくい取り、熱した油に落として両面を約4分づつまたは茶色くなるまで揚げる。油の温度を測ることが重要である。熱すぎると油は外側を焦がして中身だけ半生のままになってしまう。

ペーパータオルでボールの油を吸収してから、新しい皿に移して粉砂糖をふりかける。

ブログ

「オリボレン」と「アップルベニエ」

  1. Denise Kortlever

オランダの大晦日の祝い伝統的なオリボレン(oliebollen:オランダの揚げドーナツ)やアップルベニエ(appelbeignets:アップルドーナツ/フリッター)は欠かせません。

読む

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む