クラウス殿下(1926-2002)

699 ビュー

クラウス殿下(1926-2002)

クラウス・フォン・アムスベルクは、1926年9月6日に、クラウス=フェリックス・フォン・アムスベルクと、イェスタ・フォン・デン・ブッシェ=ハデンハウゼンの息子として、ドイツのドッツィンゲンで生まれました。ベアトリクス女王との結婚後、プリンス・クラウス、プリンス・オブ・ザ・ネザーランド、およびエスクワイア・オブ・アムスベルクという称号を与えられました。

読む

クラウス・フォン・アムスベルクは、1926年9月6日に、クラウス=フェリックス・フォン・アムスベルクと、イェスタ・フォン・デン・ブッシェ=ハデンハウゼンの息子として、ドイツのドッツィンゲンで生まれました。ベアトリクス女王との結婚後、プリンス・クラウス、プリンス・オブ・ザ・ネザーランド、およびエスクワイア・オブ・アムスベルクという称号を与えられました。

クラウス殿下の人生

クラウス王配は1944年に中等教育を修了後、軍隊に招集されました。デンマークでパンター戦車の訓練を3ヶ月受けた後、イタリアに送られました。しかし、実戦には一度も参加しませんでした。1945年、アメリカ軍の捕虜となり、運転手兼通訳として働きました。同年に釈放され、ヒッツアッカーに移住しました。

戦時中の卒業証書は正式に認められなかったため、1947年に再び高校を卒業しなければなりませんでした。ハンブルグ大学で法律を学んだ後、1957年に西ドイツの外務省に入り、外交官になりました。

1962年の大晦日、クラウス・ファン・アムスベルクは、ベアトリクス王女と出会いました。デートを重ねた後、1965年6月28日に婚約が発表されました。2人の結婚は簡単には行きませんでした。戦後20年しか経っておらず、クラウス王配がドイツ国籍であるため、オランダ国内には反対する声もありました。それでも、2人は1966年3月10日にアムステルダムの市役所で結婚しました。結婚後、2人はドラーケンスタイン城に移り住み、ウィレム=アレクサンダー(1967)、フリーゾ(1968)、コンスタンティン(1969)の3人の息子をもうけました

90年代前半、クラウス殿下はパーキンソン病と診断されました。その後、健康状態はゆっくりと悪くなって行きました。そして、1998年に前立腺ガンの治療を受けた後病状が著しく悪化、2002年10月6日、亡くなりました。そして1週間後に、デルフトの新教会にあるロイヤルファミリーの墓地に埋葬されました。

クラウス殿下の仕事

クラウス殿下は、オランダ中央銀行、通信会社のコーニンクレッカPTTオランダ、オランダ運輸・水利省など、生涯を通して様々な仕事をしてきました。特に、開発協力の分野に力を入れていました。さらに、歴史的建造物や史跡の保護、音楽、空間計画、技術革新、自然環境など、幅広い分野に興味を持っていました。

70歳の誕生日を記念して、文化と開発を支援するプリンス・クラウス基金が設立されました。第三世界の国々で文化と開発に貢献したイニシアチブに対し、毎年、プリンス・クラウス賞が授与されています。


オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む