コンスタンティン王子

1020 ビュー

コンスタンティン王子

コンスタンティン王子は1969年10月11日に、ベアトリクス女王とクラウス王配の三男として生まれました。ウィレム=アレクサンダー王子(1967年生まれ)とフリーゾ王子(1968年生まれ)という、二人の兄がいます。コンスタンティン王子の正式な称号はオラニエ=ナッサウ、エスクワイア・フォン・アムスベルクです。

読む

コンスタンティン王子は1969年10月11日に、ベアトリクス女王とクラウス殿下の三男として生まれました。ウィレム=アレクサンダー王子(1967年生まれ)とフリーゾ王子(1968年生まれ)という、二人の兄がいます。コンスタンティン王子の正式な称号はオラニエ=ナッサウ、エスクワイア・フォン・アムスベルクです。

コンスタンティン王子の人生

デン・ハーグのエールステ・フライセニヒ・クリステリーク・ライセウム高校を卒業した後、フランスとイタリアで語学を1年間学びました。その後ライデン大学に進み法律を学びました。1995年、民法専攻でL.L.M.の学位を取得した後、フランスのフォンテンブローにあるINSEADで2000年にMBAを取得しました。

その1年後、コンスタンティン王子はデン・ハーグのグローテ・ケルク教会で、ローレンティン・ブリンクホルストと結婚。結婚後、コンスタンティン王子はロンドンで1年間過ごし、2002年にブリュッセルに移住しました。現在も、ブリュッセルで妻と3人の子供、エロイーズ王女(2002年6月8日生)、クラウス=カシミール王子(2004年3月21日生)、レオノーレ王女(2006年6月3日生)と暮らしています。

コンスタンティン王子の仕事

コンスタンティン王子は、ブリュッセルの欧州連合でインターンシップを行った後、ヨーロッパの政界で様々な仕事をしました。2001年から2002年までは、ロンドンに住んでコンサルタントとして働いていました。仕事以外に、プリンス・ベルンハルト自然基金の会長、プリンス・クラウス基金名誉会長、世界報道写真財団のパトロンなど、様々な社会事業活動に携わると共に、名誉職を歴任しています。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む