アムステルダムの船舶館

167 ビュー

船舶館

1928年に完成した「ヘット・スヘープファルトハウス」(船舶館)は、アムステルダムの船舶会社6社の共同事務所として建設されました。建築家J.M.ファン・デル・メイは、船舶会社の威風を建築デザインで表現しました。

読む

1928年に完成した「ヘット・スヘープファルトハウス」(船舶館)は、アムステルダムの船舶会社6社の共同事務所として建設されました。建築家J.M.ファン・デル・メイは、船舶会社の威風を建築デザインで表現しました。

船舶館の見どころ

ヘット・スヘープファルトハウス(船舶館)は、次の理由からアムステルダムで最も有名なモニュメントのひとつとされています:

  • アムステルダム派という建築様式:船舶館は、アムステルダム派建築として完成した最初の建築です。煙突に沿ったたくさんの石積み、屋根の棟や枠どり、そしてコーナーなどには独特のデザインが見られます。
  • 装飾:建築全体が彫像や鉄細工で華やかに飾られています。これは、オランダの船舶史の栄華を表現するもの。シンボルは海馬やイルカ、波や錨を含んでいます。
  • 威厳溢れるエントランス:インド洋、地中海、太平洋、そして大西洋の4つの海がエントランスの周りに描かれています。窓の装飾には、地球儀とネプチューン、東インド会社、そしてアメリカやアフリカとの交易で栄えた西インド会社が描かれています。
  • 迫力ある階段ホール:中央階段ホールのインテリアは、最も注目すべきポイントです。貝、タコなど、さまざまなフィギュアが描かれ、美しく装飾されています。

船舶館を訪れてみよう

現在この船舶館は、モニュメントとしての建築を保護するホテルになっています。是非間近で建築のディテールを鑑賞してみてください。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む