ハウスボート博物館

458 ビュー

ハウスボート博物館

アムステルダムのハウスボート博物館は、あるハウスボートの居住者の家に観光客が興味津々であることにそこの居住者が気付いたときに、造られました。1997年、ヴィンセント・ヴァン・ルーンは、1914年の貨物船、ヘンドリカ・マリアからハウスボート博物館を作りました。初めに船を1960年代のハウスボートに改造しました。今では持ち主がまだ住んでいるかのように保たれ、観光客はそこで船上に住むことがどのようなものなのか実際に分かり、「電気や新鮮な水はどこで手に入れられますか」や「寒くないですか」などの質問やその他の問い合わせに答えてくれます。

読む

アムステルダムで有名なハウスボート。中を見てみたいと思いませんか?そんな発想で生まれたのが、ハウスボートミュージアムです。1997年にビンセント・ファン・ローン氏によりオープンしたこのミュージアムは、1914年に貨物船として使われていたヘンドリカ・マリア号をハウスボートに改装したものです。

  • 1997年にオープンしたミュージアム
  • アムステルダム市内のハウスボートは合計2500軒ほど
  • 水上のハウスボートはアムステルダム名物

ハウスボートでの暮らし

1960年代からハウスボートとして使われてきた船での暮らしを見学できます。「冬は寒いのでは?」、「電気、ガス、水道はどうしているの?」、「郵便は届くの?」、「メンテナンスはどうしているの?」と言った素朴な疑問にも答えてくれます。

 ハウスボートミュージアムへ行くには

ハウスボートミュージアムは、アンネ・フランクの家のすぐ近く、ヨルダン地区にあります。元々は、市内の住宅難解消のために認めたハウスボートですが、水が大好きなオランダ人にとっては、ハウスボートの暮らしは人気があり、現在では、市内のハウスボートの数は2500余りに制約されています。アムステルダム市内には、ハウスボートを短期滞在用のアパートメントに改装したものなどもあるので、旅行者でも水上の暮らしが体験できます。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む