オウデ・ホルタス

136 ビュー

オウデ・ホルタス

1723年からランゲ・ニーウ通りにある“ホルタス・ボタニクス”の長い歴史は、新たに設計された庭園に反映されています。特に、医療科学と植物科学が、庭園の設計と多様な植物コレクションに大きな役割を果たしました。温室が、オウデ・ホルタスの大部分を占めており、庭園の中心には池があります。

読む

1723年からランゲ・ニーウ通りにある“ホルタス・ボタニクス”の長い歴史は、新たに設計された庭園に反映されています。特に、医療科学と植物科学が、庭園の設計と多様な植物コレクションに大きな役割を果たしました。温室が、オウデ・ホルタスの大部分を占めており、庭園の中心には池があります

オウデ・ホルタスの庭園

ユトレヒトのオウデ・ホルタスは、RegiusガーデンとCottageガーデンという、2つの庭園で構成されています。Regiusガーデンは、主に薬草教育に使われていた、17世紀の庭園ホルタス・メディカスをモデルとして設計されています。Cottageガーデンは、低い壁、短い階段、池、常緑低木で構成されたロックガーデンです。このガーデンには、珍しい植物や木がたくさん植えられています。オウデ・ホルタスの温室は、オランダに現存する最も古い大学温室です。

オウデ・ホルタスのご案内

オウデ・ホルタスは、午前10時から午後5時まで、毎日開園しています。2つある散策コースからお好きな方を選んで、歩きながら植物について学ぶことができます。この庭園は、庭師の指導の下、
受けた熱心なボランティア達によって手入れされています。オウデ・ホルタスが一年中美しい状態を保っているのは彼らのおかげです。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む