トールンの白い村

1288 ビュー

トールンの白い村

リンブルフ州のこの小さな地域はかつて、世界最小の公国であったことをご存知でしたか?現在では村となっていますが、今なお数百年の歴史を持つ建物や白い家々があります。

読む

小さな村トールンは、オランダ南部のリンブルフ州にあります。かつては小さな公国でしたが、現在ではオランダに訪れるなら見逃せない場所となっています。トールンは古い白い家々や歴史的価値のある建物で知られており、毎年数えきれないほどの観光客がこの村を訪れています。

  • 白い家々にまつわる物語を発見してください。
  • ハーグ市立美術館やAbdijkerk Thornなどのミュージアムを訪れてみましょう。

貧しい人々のための白い家

西暦990年頃、トールンは高貴の生まれの女性のための修道院としてこの地に出現し、小さな公国に発展しました。村の自治権はわずか3世紀を経た後に認められ、その後、部分的な街壁が建造されました。女性たちの古い住居の多くは今でも残存しており、見学できます。

18世紀の終わり頃、高貴の生まれの女性たちがフランス人の支配から脱出するためにトールンを逃れました。大勢の貧しい人々がこの村に来て暮らすようになりました。フランス人は家の窓の大きさを基準にして税金を計算しました。貧しい人々は税金を払えなかったため、窓をレンガで塞いで小さくしました。古いレンガと新しいレンガの違いを隠すために、家々は白く塗装されました。 

トールンの見所

トールンを訪れていれば、Abdijkerk Thorn(修道院教会)は必見です。小さな村はここから誕生しました。堂々とした教会は、数世紀にわたりいくつかの段階を経て建造されました。最も古い部分は10世紀に建てられました。インテリアは18世紀に遡ります。修道院教会は、19世紀の終わり頃ピエール・コイペルスによって改装されました。ピエールはアムステルダム中央駅とアムステルダム国立美術館の建築士でした。 

ハーグ市立美術館やランド・ファン・トールン(Land van Thorn、ゴルフ場)もお勧めです。ここでは、この村の長い歴史にまつわる遺跡や幅広い歴史的遺物を発見してください。音声システム付のガイドウォークに参加することもできます。このツアーでは修道士の住居や(ベギン会修道院)を見学します。  

トールン付近のその他の観光スポット

歴史的な都市ルールモントは、ショッピングで人気があり、トールンの近くにあります。美しい歴史的価値のある建物や、数世紀にわたり苦難を経験した見事な教会の塔もお見逃しなく。

トールンの周辺は美しい自然にも恵まれています。村の北側では、数えきれないほど多くの野鳥が住んでいる地域の一つである、グローテ・ピール国立公園(National Park de Groote Peel)を訪れてみてください。 

トールンの宿泊施設

トールンを満喫するなら、本物の白い家に宿泊するのが一番です。実際に宿泊できる場所として、ミラーズ・ハウス(Miller’s House)のアパートなどがあります。過去に足を踏み入れたような気分を味わえます。この村には素敵なホテルも数多くあります。トールンは人気のある行き先ですので、この村を訪れる場合はお早めにホテルをご予約ください。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む