一緒に食べる

Denise Kortlever, 2013年7月29日, 123 ビュー

一緒に食べる

食事の社交的な面はますます重要になってきています。料理を分かち合い、新しい人々と出会い、他の食文化から学ぶというオランダのコンセプトに注目。

読む

私たちは、インターネットやソーシャルメディアを通して全世界につながっています。しかし、同時に人々は個人的な、「現実の」つながりをますます強く求めているように思われます。近所の人と知り合いになり、刺激的な、新たな人々と一緒に食事し、他の文化の最高の味を味わいたいと思っています。他の人と料理を分かち合うことは、つながりをもつための究極の方法と言えるでしょう。

春と夏には、‘Buitengewoon in het land’は野原やブドウ園の真ん中で長いテーブル(約70席)に5つのコースの分かち合う食事を出します料理は地元の生産者からの季節の農産物を使って用意され、場所はぎりぎりになってから明らかにされます。同じテーブルの同席者や食べ物のメニューも秘密にされています。究極の目的は、新たな人々との出会い、情熱的な生産者との会話、食物の背景を正しく理解することにより、思い出に残る集まりを創出することです。

‘Lovefood’は、アムステルダムの秘密の場所で人気のあるポップアップブランチを開催し、昨年の夏、市内にその本部を設置しました。創立者のジャスティン・ハートリー(Jason Hartley)は、ある料理は私たちと感情的につながり、その料理の中の文化的な変化が身近に感じられることが多いと思っています。週末に、Lovefood HQは、‘The Beast’(自家製ソーセージや手で塩漬けにしたオランダのベーコンを添えた英国風朝食)や‘Yancakes’(ブルーベリーのシロップ煮やメイプルシロップを添えたふわふわしたパンケーキ)などの豊富な、絶賛されているブランチメニューを提供しています。ご家族ともども、英国の伝統的なサンデーローストでその週を締めくくることができます。

他の人が作った食事を楽しみ、自分の料理の腕前を分かち合う機会を与えるオランダのコンセプトもますます増えています。その例として、‘Thuisafgehaald’などのオンラインマーケットがあります。そこでは人々は家庭料理を近所の人に提供できます。これは、無駄に捨てるものを減らし、人々に新しい料理を食べてもらい、地元のかかわり合いを生み出します。分かち合うとは思いやることであり、とりわけおいしければそう言えます!

Lovefood HQ, Koggestraat 1, Amsterdam

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む