オランダのチューリップの季節

13340 ビュー

オランダのチューリップの季節

オランダのチューリップ農園が最も多いのは、フレボランド州にある北東ポルダーです。花畑を満喫できる他の場所は、ハーグからライデンを通り北部のアルクマールまで海岸線に沿って伸びる「Bulb Region(球根地域)」です。キューケンホフ公園は、世界最大級の花の展示場であり、ライデンから車でわずか15分、アムステルダムから30分のところに数えきれないほど多くのチューリップが咲いていることで有名です。アールスメールのフローラホランドは、世界最大の花の競り市場ですが、ここもアムステルから30分で行けるところです。

読む

オランダのチューリップ農家のほとんどはフレヴォラント州のノールドオーストポルダー(北東ポルダー)、そしてコップ・ファン・ノールド・ホランドと呼ばれる地域に位置しています。このコップ地区は、オランダ最大の連続球根栽培地区です。他の有名な球根栽培地区は、世界的に有名なキューケンホフがある、ライデン近郊のボレンストレークです。これら3つの地区はすべて、アムステルダムから車で1時間半の距離です。世界最大の生花卸売市場、アールスメールのフローラ・ホランドも、首都からたった30分です。

チューリップの季節

チューリップの花が咲き始める春が涼しいオランダの気候は、チューリップの栽培に適しています。干拓地の土壌は常に排水され、水はけがよく湿気もある土壌を好むチューリップの球根に適しています。チューリップの種類は豊富であるため、オランダ園芸協会は、チューリップをいくつかのグループに分類し、各グループには異なる種が入っています。3月半ばから5月末までチューリップは、オランダ全土を広範囲にわたって色とりどりのパッチワークに変えます。したがって、チューリップの開花を見に4月にオランダを訪れる場合、どこで見ようとも、畑は別のもので、きらびやかで色彩に富んでいます。

そこに行く

ピークの季節にチューリップの開花を見るには、4月半ばにオランダに来てください。チューリップの季節は3月末から5月半ばまで続きますが、通常、4月半ばに一番花が満開に咲き誇っています。リセに位置するキューケンホフ公園は、春になると700万株以上の花でおおわれ、豊富な種類のチューリップをじっくり眺めるのに最適の場所の一つです。また、同じ時期に、電車か自転車に乗って田舎を走り抜けさえすれば、延々と続く畑のチューリップが育ち、花開く様子を目にすることができます。ライデンセントラルステーションから54番のバス、ハーグセントラルステーションから89番のバス、スキポール空港から58番のバスに乗ってください。アムステルダムからデン・ヘルダーまで列車に乗ると、球根栽培地帯を横切ることができます。帰りには、アルクマールで下車してチーズ市場を見ることができます。

チューリップ

昔、どこにも定着できない花がありました。その花の球根は、カザフスタンの山々からペルシャ、中国、トルコをさまよいました。

読む

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む