1241 ビュー

オランダは、水ととても深い関係を持っています。水はオランダの最強の見方であると同時に、恐ろしい敵でもあるのです。様々なウォータースポーツやイベント、美しくユニークな風景、経済的な繁栄は、豊かな水のおかげです。その反面、オランダは常に洪水の脅威にさらされていて、国土を守るための防衛が必要です。

読む

オランダは、水ととても深い関係を持っています。水はオランダの最強の見方であると同時に、恐ろしい敵でもあるのです。様々なウォータースポーツやイベント、美しくユニークな風景、経済的な繁栄は、豊かな水のおかげです。その反面、オランダは常に洪水の脅威にさらされていて、国土を守るための防衛が必要です。 

一般

オランダの国土は41,500 km2、そのうち7,700 km2が水です。3つの主要河川(ライン川、マース川、スヘルト川)はオランダを横切り、支流となって北海へと流れていきます。国土の4分の一は海抜以下。オランダで最も低い場所はマイナス6,76mのニューウェルケルク・アアン・デ・アイセルです。 

ウォータースポーツとイベント 

オランダは、ウォータースポーツのホリデーに最適な場所です。特にフリースランド州(フリースランドの湖とワデン諸島)やゼーランド州は有名です。釣り、(パラ)セーリング、ボート、カイト、ウィンド・サーフィン、手こぎボート、水泳、ダイビング、ウォータースキーなど、何でも楽しめます。その上、「泥歩き」(ワデン海歩き)というユニークなスポーツも体験できます。 

有名な水上イベントは、ロッテルダムの「ワールド・ハーバーデーズ」、アムステルダムの「HISWA」、フリースランド州の「スクチェシレン」、スヘーヴェニンゲンの「ノースシー・レガッタ」です。世界最大の海洋イベントは、5年に一度開催される「セイル」で、次回の開催は2015年です。

博物館とアトラクション

オランダにある多くの世界遺産は水に関連しています。オランダ初の干拓地、ワデン諸島、アムステルダムの洪水防衛線、かつて島だったスホックランド、蒸気式水揚場のD.F.ワウダヘマール、キンデルダイクの風車群、アムステルダムの運河などです。 

これらの世界遺産と並んで、興味深い博物館やアトラクションもあります。デルタ計画、デルタパークのネールチェ・ヤンス、ロッテルダム海洋博物館、東インド会社の舟「バタビア号」、オランダのベニスと呼ばれるヒートホールンほか、国立公園などもあります。

水害から国土を守る

何世紀にも渡って、オランダは水害と闘い続けてきました。風・水車は水位を管理し、堤防が建設され、国土を水から守ってきました。今日では、締切大堤防やユーロポート・バリアなどの進歩的な洪水対策が国土を守っています。 

最も知られた治水構造物建設は、世界の驚異のひとつとも呼ばれる大規模な「デルタ計画」です。これは、ライン川、マース川、スヘルト川の河口に形成されたデルタ地帯を守ります。デルタ計画は、1953年に発生した北海沿岸大洪水を契機に作成されたものです。この大洪水では、20時間にわたる北西からの嵐がゼーランドの堤防を破壊しました。2000人が死亡し、150.000ヘクタールの土地が大浸水しました。デルタ計画の治水構造物の建設によって、1953年時のような大被害の再発は、4000年に一度程度の確立に押さえることができています。 

繁栄

17世紀の黄金時代、東インド会社の台頭により、オランダは海洋貿易で栄えました。そして、香辛料やテキスタイル、奴隷をトレードしていたのです。言うまでもなく奴隷貿易は、オランダ史上最大の汚点のひとつです。

その後オランダは、コンテナ運送や水運の主要国となりました。ロッテルダム港は、世界屈指の港へと成長します。漁業も成長して主産業となります。そしてオランダは今、世界的のウォーターマネージメントを牽引する存在として注目されています。サステイナブルで革新的な水の利用方法や、都市計画や建築における水の利用開発など、ウォーターマネージメントは広い分野で注目されています。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む