アンネ・フランクとは誰でしょう?

2232 ビュー

アンネ・フランクとは誰でしょう?

アンネ・フランクの家は、物語のあるミュージアムです。アムステルダムの旧市街で第二次世界大戦中にアンネ・フランクとその家族が隠れ家として使用していた家がミュージアムになっています。

読む

アンネ・フランクは、今日では博物館になっている隠れ家で暮らしながら日記を綴ったことで有名になっています。それにしても、アンネ・フランクとは実際はどのような人だったのでしょう?

Picture of Anne Frank, © AFT
  • アンネ・フランクの生涯について詳しく学んでください。
  • アンネがプリンセンフラハト(アムステルダム)の隠れ家に潜んで過ごした日々について、学びましょう。

ドイツ

アンネ・フランク(アンネリース・マリー・フランク)は、1929年にフランクフルト・アム・マインに生まれました。アンネの両親、オットーとエーディト・フランクはどちらもユダヤ人でした。ナチスがドイツで政権についたとき、オットーはオランダに移住することを決めました。1934年、オットーが最初にオランダに行き、次いでアンネ、母のエーディト、姉のマルゴットが少し遅れて移住しました。フランク一家はアムステルダムに落ち着き、アンネは最初モンテッソーリ・スクールに通い、その後ユダヤ人学級に通いました。

アムステルダム

しかし1940年にドイツがオランダに侵攻すると、ドイツ国内で行ったように、ユダヤ系の人々に対しより厳格な法律を制定しました。1942年6月12日にアンネが13歳になると、その後日記帳として使用することになる、サイン帳が贈られました。誕生日からまもなく、7月6日にフランク一家はプリンセンフラハト通り263 番地の隠れ家(現博物館「アンネ・フランクの家」)に移り住みました。

隠れ家

この建物は、アンネの父親の会社であるオペクタ(Opekta)商会の本拠地でした。隠れ家の1階は物置で、フランク一家と一緒に隠れていた人々は2階と3階に住んでいました。昼間は物音を立てず、静かに過ごすことを余儀なくされました。営業は通常通り継続され、隠れ家に人々が住んでいることに気が付かない従業員もいました。

強制退去

アンネは隠れ家での日々を非常に詳細に日記に綴っていました。しかし、1944年8月4日、アンネと隠れ家にいた他の人々は密告され、まずアウシュビッツ強制収容所に送られ、その後ベルゲン・ベルゼン強制収容所に移送されました。1945年3月、戦争の終結までわずか数週間というときに、アンネは腸チフスと極度の疲労から亡くなりました。隠れ家に潜んでいた人々の内、戦争を生き延びたのはオットーただ1人でした。その後、オットーの尽力によりアンネの日記が出版されました。

近場の見所をご覧ください
Google map
住所: 
Danzigerkade 5
1013AP アムステルダム

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む