ゼファンランデンハウゼン

134 ビュー

ゼファンランデンハウゼン

アムステルダムの建造物は環状運河地区の歴史的な建物から市内の東側の島々で見られる現代的な建物まで実に多様です。首都アムステルダムの深い歴史におけるそれぞれの時代は、その時期の建築様式や典型的な建物によって判別できると言っていいかもしれません。それは“7カ国の家”という意味の「ゼファンランデンハウゼン」についても例外ではありません。これらの7軒の建物は19世紀後半に人気の高かった異国の文化に対するロマンチックな熱望の賜物なのです。

読む

アムステルダムの建造物は環状運河地区の歴史的な建物から市内の東側の島々で見られる現代的な建物まで実に多様です。首都アムステルダムの深い歴史におけるそれぞれの時代は、その時期の建築様式や典型的な建物によって判別できると言っていいかもしれません。それは“7カ国の家”という意味の「ゼファンランデンハウゼン」についても例外ではありません。これらの7軒の建物は19世紀後半に人気の高かった異国の文化に対するロマンチックな熱望の賜物なのです。

七つの国の七つの家

1894年、建築家のティジェーデ・カイパースはボンデルパークの近くのローマー・ヴィスチャー通りに7軒の家を建設するよう委任されました。委任者は裕福な銀行家サン・ファン・エーハンで、彼はヨーロッパの異国の魅力をアムステルダムに取り入れたいと熱望していました。これが7つの国を象徴する7軒の家が建設されることになった始まりです。それぞれの国は、いずれも独自のヨーロッパスタイルにより特徴づけられています。

ゼファンランデンハウゼンの七国

ゼファンランデンハウゼンが象徴する7つの国はフランス、ドイツ、ロシア、イタリア、イギリス、スペイン、そしてオランダです。スペインの家からはムーア様式の影響がうかがえ、イギリスの家はコテージスタイルで建築されており、さらに他の国々の家も独自にそれぞれのスタイルを主張しています。またそれぞれの家の間口には国名が記されているので、その家がどの国を代表しているかがすぐに分かります。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む