オランダ料理

ある種の認識に反し、オランダ料理は、ニシンやチーズをはるかに超えています。料理起業家に出会い、情熱的なグルメは、興味をそそるオランダの食べ物のトレンドを探り、最も人気のあるレストラン、地元で人気の料理、試すべき料理を発見します。楽しんでください!

  • LEDの向こうから音楽が聴こえる
    Marloes Tervoort, 2014年5月9日

    筆者は外出が大好きです。美味しい食事を食べに行ったり、バーに飲みに行ったり、展覧会や芝居を観に行ったりします。コンサートも好きですが、生粋のオランダ人女性のごとく、くつろげる雰囲気な場所が好きです。そのため、アムステルダムのポップスの殿堂「パラディソ(Paradiso)」や、アーティストに手が届きそうな、こぢんまりとした「ビテルゾット(Bitterzoet)」が好きなのです。

    読む
  • 最高のパン
    Denise Kortlever, 2014年3月17日

    Gebr.Niemeijer(ニーメイヤー)はアムステルダムで最高のパン屋の1つです。このフランス風パン屋では、パンからヴィエノワズリー、パティセリーまですべてが無添加の手作りで大きな石窯で焼かれています。この店のクロワッサン目当ての地元のファンは多く、最も批判的なフランス人の客でさえもそこのパン・オ・ショコラとバケットを求めて列に並びます。ニーウェンデイクに位置するニーメイヤーはパン屋でもあり、また、魅力的なアール・デコ調のカフェにもなり、そこでは最高の(南イタリア)コーヒーを味わえます。焼きたてのサワードウでつくったパンを買って持ち帰るか、お店でクルミのパンと自家製のイチジクジャムつきのランチをお楽しみください。レモン・タルトレットとマカロンを食べるおなかのスペースをとっておくことをお忘れなく!

    読む
  • はい、チーズ
    Denise Kortlever, 2014年1月27日

    ベティ・コスター(Betty Koster)はオランダの最高のチーズ専門家であり、サントポールトとアムステルダムにある一押しのチーズ専門店ラミューズ(l’Amuse)のオーナーでもあります。ベティほどチーズの知識が豊富で、チーズについて情熱的に語れる人はほとんどいません。彼女によると、オランダのチーズの特別な点は、この小さな国に多くの種類のテロワールがあり、まさにそれが味の決め手となっています。「オランダでは、グリーンハート地域に熟成チーズ、牛が豊富な草を食べられるブラバント州に甘くてクリーミーなチーズがあります。テクセル島やテルスヘリング島には塩分のある牧草地(pré-salé)の羊のチーズ、北ホラント州の干拓地の強烈でなめらかな酪農製品があります。オランダを訪れるときの一押しは、さまざまな種類のチーズに沿って旅をすることです。

    読む
  • 「オリボレン」と「アップルベニエ」
    Denise Kortlever, 2013年12月16日

    甘い揚げげドーナツを食べることは、新年のお祝いに欠かせなく、通例、夜中にグラス1杯のシャンパンが付きます。「オリボレン」は、小麦粉、卵、イースト、牛乳でできたボール状の生地を高温の油で揚げたものです。イーストの代わりにビールが使われることもあり、お好みでレーズン、砂糖漬けの果物の皮やアップルなどを加えます。「オリボレン」にたっぷり粉砂糖をかけることは必須です。「アップルベニエ」は、甘い生地に浸した丸いアップルスライスを揚げ、シナモンや砂糖をまぶして食べます。

    読む
  • シアター・ルネサンス
    Marloes Tervoort, 2013年11月15日

    劇場には思い入れがあります。筆者は劇場評論家だったことがあり、そのためアムステルダムの劇場で多くの時間を過ごしました。劇場というのは、建物自体は好きなのですが、ガタのきているロビー、空気のこもったクロークルーム、まずいコーヒーなど、くたびれた感があります。

    読む
  • 文化的に正当とされる覗き見行為
    Marloes Tervoort, 2013年10月20日

    アムステルダムの人々は、「ドキュメンタリー映画の文化にオランダ国内外から刺激を与える」ことを目的として1988年から開催されている「自分たちの」IDFA(アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭)に誇りを持っています。前売りチケットは早めのご購入をおすすめします。筆者の場合、ラッキーなことに、毎回その年必見の映画を教えてくれる友人がいるので、あとは観るか観ないかの返事をするだけです。そして、プログラム・スケジュールにちりばめられた珠玉の映画を観るためのチケットを手配してくれるのもその友人です。

    読む
  • 美術館の夜
    Marloes Tervoort, 2013年9月3日

    アムステルダムのミュージアムで過ごした最初の「夜」のことを、今でもよく覚えています。同僚と一緒に早めにチケットを買い、美術館で夜を踊り明かそうとしていました。このイベントは逃すまいという意気込みでいました。「トローペンミューゼウム(Tropenmuseum)」のDJペールに合わせてブギーを踊っていたのを覚えていますし、その前には「ステデライク(Stedelijk)(アムステルダム市立美術館)」、「ライクスミューゼウム(Rijksmuseum)(アムステルダム国立美術館)」、「ユダヤ歴史資料館(Jewish Historical Museum)」にも行っていたので、ぬかりはありませんでした。結局分かったことは、この楽しくてしょうがない一夜を過ごすには、スマートな計画と適切な自転車が必要というこということです。

    読む
  • ワイルド・ワイルド・イースト
    Denise Kortlever, 2013年9月3日

    オランダは人口密度の高い小さい国ですが、野生生物の行き届いた管理のおかげで比較的多い狩猟人口を抱えています。森や野原には、数多くの野うさぎ、イノシシ、キジ、シカが生息しています。特にオランダ東部は、良質の狩猟肉で知られています。その理由は、‘the Veluwe’自然保護区の砂地で動物は餌を探し回らなければならないからです。それだけ運動することが肉質にとって有益なものとなり、風味の良い、柔らかい肉になります。野生の獲物は、真っ直ぐであり、恐らく持続可能な放し飼いの肉の究極の形として見られています。

    読む
  • 一緒に食べる
    Denise Kortlever, 2013年7月29日

    私たちは、インターネットやソーシャルメディアを通して全世界につながっています。しかし、同時に人々は個人的な、「現実の」つながりをますます強く求めているように思われます。近所の人と知り合いになり、刺激的な、新たな人々と一緒に食事し、他の文化の最高の味を味わいたいと思っています。他の人と料理を分かち合うことは、つながりをもつための究極の方法と言えるでしょう。

    読む
  • 「デ・パラーデ(De Parade)」が町に戻ってきた!
    Marloes Tervoort, 2013年6月6日

    「デ・パラーデ(De Parade)」は、世界的に知られたオランダの移動シアターフェスティバルです。6月から8月にかけて、デンハーグ、ユトレヒト、ロッテルダム、アムステルダムを続けて巡業します。オランダの夏は猛暑とは思われていないでしょうが、「デ・パラーデ」はどんな夏も灼熱のパーティへと変えてしまいます。シアターとして使われる小さなサーカステント、臨時レストランとして使われる芝居小屋、真ん中には回転木馬というこの設定が、昔懐かしい感覚を呼び起こすからではないかと、個人的には思っています。「デ・パラーデ」には、主に今どきの30代たちを、磁石のごとく惹きつけるワクワクした雰囲気があります。

    読む
  • ウェストがベスト
    Marloes Tervoort, 2013年5月27日

    自宅から、「シェープファールト・ミュージアム(Scheepvaartmuseum)」と中央駅を通過し、ハールレンメル通り(Haarlemmerstraat)に下りて来るのはかなりの距離であることを認めますが、それでも毎回自転車で走りたくなります。時々「ウェステルパルク(Westerpark)」の広場でピクニックをしたり、こぢんまりとした「ケーテルハウス・シネマ(Ketelhuis cinema)」での夜の映画鑑賞の前に「バッケルスウィンケル(Bakkerswinkel)」でスコーンとコーヒーを楽しんだりもします。

    読む
  • 年齢不問のコンサートホール
    Marloes Tervoort, 2013年4月24日

    ムセーウム広場(Museum Square)に立って新古典主義建築の「コンセルトヘボウ(Concertgebouw)」を崇めていると、その建築が承認された1881年当時、町の境界線の向こうも含めてこの辺り一帯が湿地帯だったとは信じがたいという思いに駆られます。しかし、道を挟んで斜め向かいには、新しくできた「ステデライクミュージアム(Stedelijk Museum)」があり、ほぼ真向いには、改装を終えた「ライクスミュージアム(Rijksmuseum)」も立ち並ぶこの辺りは、今では文化地域となっています。

    読む
  • お砂糖とミルクを入れますか?
    Denise Kortlever, 2014年11月21日

    しかし、時代は変わり、持ち帰り文化を受け入れるオランダ人が増えているようです。オランダの街路は、「トリプルソイキャラメルラテ」を楽しむ人々で賑わっています。今では、最も珍しい種類のものが、オランダのほとんどの都市で急速に増えているCoffee Companyのような人気のあるフランチャイズ店を通して広まっています。長い間期待されていたコーヒーの最大手のスターバックスが2007年に出現し、オランダのチェーン店にとって脅威的なライバルになることが予想されていましたが、スターバックスがアムステルダムに最大の店舗を開店しても、Coffee Companyはまだオランダ市場で最大のプレーヤーです。特にサラ・リー(Douwe Egberts)がオランダのチェーン店を買収して以来、現在ではコーヒー市場の約30パーセントを占めています。

    読む
  • 流行のソーセージ
    Denise Kortlever, 2013年3月18日

    ソーセージはかつて多少劣った食品で、お手軽な、脂肪分の多い軽食として適していましたが、それが確実に変わったのです。消費者の肉に対する倫理的な意識が高まっている傾向と一致し、最近では、自宅で創造力を発揮する料理好きの人からさまざまなレストランのシェフまで、誰もがオリジナルソーセージを作っているようです。

    読む
  • テクセルの子羊の秘密
    Denise Kortlever, 2013年2月11日

    テクセルの子羊は、すばらしい評価を受け、世界中で賞賛されています。オランダのベアトリクス女王でさえもファンであると言われており、外国の首脳を迎えた晩餐会を主催する時に出されると噂されています。テクセルの子羊にまつわる秘密は、その独特の味にあります。潮風と塩分を含む土から生じるほのかな塩の効いた風味で、とても柔らかくてジューシーです。

    読む
  • 「ロッテルダム国際映画祭(International Film Festival Rotterdam)」に参加しました
    Heather Tucker, 2013年3月5日
    今年2013年に42年目を迎えたロッテルダム国際映画祭(International Film Festival Rotterdam)(IFFR)が、1月23日から2月3日まで開催されました。筆者がこの映画祭に参加し始めたのは2010年でした。当初この映画祭について何も知らず、道路脇に貼ってあったポスターを見たのがきっかけでした。毎年この映画祭を非常に楽しんでいる自分に自ら驚いていますし、年々1、2本ずつ鑑賞する映画が増えてきてもいます(最初の年に1本しか観なければ、すぐに増えますが)。 今年も例外ではありませんでした。
    読む
  • 伝統的なオランダ料理を探る
    Denise Kortlever, 2013年3月5日

    フランス人にフランスの定番の食べ物について訊いてみると、おそらくクロワッサンやブイヤベースについてあらゆることを聞くことになるでしょう。スペイン人は自国のタパスを賞賛し、イタリア人は「パスタ・ディ・マンマ」を取り上げるでしょう。それでは、オランダの食べ物はどうでしょうか。そのような定番のオランダ料理はあるのでしょうか?答えは「はい」です。そのような定番料理の人気は高まっているように思われます。

    読む
  • 音楽のために生きる
    Candy Dulfer , 2013年3月5日

    アーティストによっては、CDのレコーディングをする時、スタジオにこもりっきりになる人がいます。そういう人は、ステージに上がるのを敬遠しますし、間違えたらいけないと怖がっているようにも見えます。ライブ演奏に取って代わるものはありませんし、ライブほどリアルなものはないと個人的には思っています。小さなミスがあってもいいじゃありませんか。私は時々、何かまずいことが起こってくれないかと願うことがあります。そこから楽しくなってくるのです。のびのびと、即興で演奏するのがただただ大好きです。ミュージシャンは、オーディエンスと本当につながった時、それが分かります。だから、薄暗い場所で演奏するのが、わたしは好きではありません。皆の顔と反応を見たいのです。

    読む
  • マルクトとマーケット
    Denise Kortlever, 2013年3月5日

    マルクトは新しいタイプの市場であり、伝統的なスーパーマーケットに代わる本物の食品チェーン店です。アムステルダム、ハーレム、デン・ハーグ(間もなくロッテルダム店も開店予定)にある店は、活気がある素敵な環境で新鮮な有機食品を利用しやすくしています。世界的な小売食品会社に勤めていた創設者のQuirijn BolleとMeike Beerenは本物の新鮮な食料品のスペースがないことに気づき、変革の時であると判断しました。「お客様は購入する生産物の健康と安全や背景により関心をもたれているようですが、多くの場合に従来のスーパーマーケットでは本物の食べ物を見つけられません。」マルクトはお客様と、まさにこの本物の産物を提供する農家と生産業者を結びつけます。」

    読む
  • 笑いたいなら、こちらへ!
    Marloes Tervoort, 2013年2月13日

    地下で過ごす夜は、私にとって特別です。日差しがなくなると、すぐに私は、ある意味水を得た魚のようになるのです。私が勉強していた建物の地下にバーがあったのですが、これはまさに、そこでの私の様子です。午後5時の1杯は、6時間後に酔っぱらって起き上がることを意味します。トームラー・コメディ・クラブ(Toomler comedy club)では若干お行儀良くしていますが、私にとって居心地の良い場所なのです。

    読む
  • フード・デザイン
    Denise Kortlever, 2013年2月13日

    お茶はどうしてティーバッグに入っているの?レストランではどうしてあんなに食べ物が捨てられるの?カティア・グラウタース(Katja Gruijters)はいつも、当たり前のことに対する疑問からプロジェクトを始めます。食べることは人間の基本的な欲求であり、また文化の一部でもあります。それゆえ、儀式や人と人のかかわり合いに直結するものです。グラウタースは、食文化に対して確かな貢献を果たすべく、花のキャンディ、食べられるお皿、レース柄のチョコレートなど、斬新な食品をデザインしています。最近の彼女は、食べ物のサステナビリティ(安定供給)に焦点を置いています。グラウダースは、奇妙なEU食品法(「バナナはきちんと曲がっていなくてはならない」など、果物や野菜の大きさや形を厳格に規定)が制定されたのを、食べ物に対する見方を考え直したり、本物で嘘のない食品を取り入れたりするチャンスであると見て、食べ物を廃棄しないレストラン、残り物だけで作った夕食などのプロジェクトを立ち上げました。まさに、考える「糧」を人々に与えたのです。

    読む
  • オランダのビバ!エスパーニヤ
    Racheda Kooijman, 2013年1月7日

    情熱的なスペイン人があらゆるオランダ人の中にひそかに秘められているのでしょうか? 現実には冷静で落ち着いたオランダ人が誰でも炎や情熱を持っているのでしょうか?そうであれば、どうしてスペインがお気に入りの休暇旅行先であるのか、また、どうしてフラメンコがオランダでそんなに人気があるのか説明がつきます。すべての主要都市にフラメンコスクールがあり、スペイン人アーティストがオランダのステージに上がるとき、チケットはまたたく間に完売してしまいます。2006年に最初のビエンナーレが開催されて以来、最高のスペイン人のフラメンコアーティストが2年ごとにここに集まるようになり、最新のパフォーマンスを披露します。また、他の音楽文化やジャンルとの交流の結果、主催者はそれを「さまざまなキーのフラメンコ」と呼んでいます。

    読む
  • マイアップルパイ
    Denise Kortlever, 2013年2月13日

    オランダ人にお気に入りのパイは何か訊いてみてください。答えは恐らく「アップルタルト(appeltaart)」でしょう。ほとんどの人はお気に入りのレシピを持っていて、数世代にわたって伝えられたレシピが多く、それぞれが独自の味を加えています。それでも、ただ一つ共通点があります。それはシナモンの暖かい香りとそれに合うホイップ仕立てのクリームです。

    読む