part1
part2

オランダ料理

ある種の認識に反し、オランダ料理は、ニシンやチーズをはるかに超えています。料理起業家に出会い、情熱的なグルメは、興味をそそるオランダの食べ物のトレンドを探り、最も人気のあるレストラン、地元で人気の料理、試すべき料理を発見します。楽しんでください!

  • 最高のパン
    Denise Kortlever, 2014年3月17日

    Gebr.Niemeijer(ニーメイヤー)はアムステルダムで最高のパン屋の1つです。このフランス風パン屋では、パンからヴィエノワズリー、パティセリーまですべてが無添加の手作りで大きな石窯で焼かれています。この店のクロワッサン目当ての地元のファンは多く、最も批判的なフランス人の客でさえもそこのパン・オ・ショコラとバケットを求めて列に並びます。ニーウェンデイクに位置するニーメイヤーはパン屋でもあり、また、魅力的なアール・デコ調のカフェにもなり、そこでは最高の(南イタリア)コーヒーを味わえます。焼きたてのサワードウでつくったパンを買って持ち帰るか、お店でクルミのパンと自家製のイチジクジャムつきのランチをお楽しみください。レモン・タルトレットとマカロンを食べるおなかのスペースをとっておくことをお忘れなく!

    読む
  • はい、チーズ
    Denise Kortlever, 2014年1月27日

    ベティ・コスター(Betty Koster)はオランダの最高のチーズ専門家であり、サントポールトとアムステルダムにある一押しのチーズ専門店ラミューズ(l’Amuse)のオーナーでもあります。ベティほどチーズの知識が豊富で、チーズについて情熱的に語れる人はほとんどいません。彼女によると、オランダのチーズの特別な点は、この小さな国に多くの種類のテロワールがあり、まさにそれが味の決め手となっています。「オランダでは、グリーンハート地域に熟成チーズ、牛が豊富な草を食べられるブラバント州に甘くてクリーミーなチーズがあります。テクセル島やテルスヘリング島には塩分のある牧草地(pré-salé)の羊のチーズ、北ホラント州の干拓地の強烈でなめらかな酪農製品があります。オランダを訪れるときの一押しは、さまざまな種類のチーズに沿って旅をすることです。

    読む
  • 「オリボレン」と「アップルベニエ」
    Denise Kortlever, 2013年12月16日

    甘い揚げげドーナツを食べることは、新年のお祝いに欠かせなく、通例、夜中にグラス1杯のシャンパンが付きます。「オリボレン」は、小麦粉、卵、イースト、牛乳でできたボール状の生地を高温の油で揚げたものです。イーストの代わりにビールが使われることもあり、お好みでレーズン、砂糖漬けの果物の皮やアップルなどを加えます。「オリボレン」にたっぷり粉砂糖をかけることは必須です。「アップルベニエ」は、甘い生地に浸した丸いアップルスライスを揚げ、シナモンや砂糖をまぶして食べます。

    読む
  • ワイルド・ワイルド・イースト
    Denise Kortlever, 2013年9月3日

    オランダは人口密度の高い小さい国ですが、野生生物の行き届いた管理のおかげで比較的多い狩猟人口を抱えています。森や野原には、数多くの野うさぎ、イノシシ、キジ、シカが生息しています。特にオランダ東部は、良質の狩猟肉で知られています。その理由は、‘the Veluwe’自然保護区の砂地で動物は餌を探し回らなければならないからです。それだけ運動することが肉質にとって有益なものとなり、風味の良い、柔らかい肉になります。野生の獲物は、真っ直ぐであり、恐らく持続可能な放し飼いの肉の究極の形として見られています。

    読む
  • 一緒に食べる
    Denise Kortlever, 2013年7月29日

    私たちは、インターネットやソーシャルメディアを通して全世界につながっています。しかし、同時に人々は個人的な、「現実の」つながりをますます強く求めているように思われます。近所の人と知り合いになり、刺激的な、新たな人々と一緒に食事し、他の文化の最高の味を味わいたいと思っています。他の人と料理を分かち合うことは、つながりをもつための究極の方法と言えるでしょう。

    読む
  • お砂糖とミルクを入れますか?
    Denise Kortlever, 2014年11月21日

    しかし、時代は変わり、持ち帰り文化を受け入れるオランダ人が増えているようです。オランダの街路は、「トリプルソイキャラメルラテ」を楽しむ人々で賑わっています。今では、最も珍しい種類のものが、オランダのほとんどの都市で急速に増えているCoffee Companyのような人気のあるフランチャイズ店を通して広まっています。長い間期待されていたコーヒーの最大手のスターバックスが2007年に出現し、オランダのチェーン店にとって脅威的なライバルになることが予想されていましたが、スターバックスがアムステルダムに最大の店舗を開店しても、Coffee Companyはまだオランダ市場で最大のプレーヤーです。特にサラ・リー(Douwe Egberts)がオランダのチェーン店を買収して以来、現在ではコーヒー市場の約30パーセントを占めています。

    読む
  • 流行のソーセージ
    Denise Kortlever, 2013年3月18日

    ソーセージはかつて多少劣った食品で、お手軽な、脂肪分の多い軽食として適していましたが、それが確実に変わったのです。消費者の肉に対する倫理的な意識が高まっている傾向と一致し、最近では、自宅で創造力を発揮する料理好きの人からさまざまなレストランのシェフまで、誰もがオリジナルソーセージを作っているようです。

    読む
  • テクセルの子羊の秘密
    Denise Kortlever, 2013年2月11日

    テクセルの子羊は、すばらしい評価を受け、世界中で賞賛されています。オランダのベアトリクス女王でさえもファンであると言われており、外国の首脳を迎えた晩餐会を主催する時に出されると噂されています。テクセルの子羊にまつわる秘密は、その独特の味にあります。潮風と塩分を含む土から生じるほのかな塩の効いた風味で、とても柔らかくてジューシーです。

    読む
  • 伝統的なオランダ料理を探る
    Denise Kortlever, 2013年3月5日

    フランス人にフランスの定番の食べ物について訊いてみると、おそらくクロワッサンやブイヤベースについてあらゆることを聞くことになるでしょう。スペイン人は自国のタパスを賞賛し、イタリア人は「パスタ・ディ・マンマ」を取り上げるでしょう。それでは、オランダの食べ物はどうでしょうか。そのような定番のオランダ料理はあるのでしょうか?答えは「はい」です。そのような定番料理の人気は高まっているように思われます。

    読む
  • マルクトとマーケット
    Denise Kortlever, 2013年3月5日

    マルクトは新しいタイプの市場であり、伝統的なスーパーマーケットに代わる本物の食品チェーン店です。アムステルダム、ハーレム、デン・ハーグ(間もなくロッテルダム店も開店予定)にある店は、活気がある素敵な環境で新鮮な有機食品を利用しやすくしています。世界的な小売食品会社に勤めていた創設者のQuirijn BolleとMeike Beerenは本物の新鮮な食料品のスペースがないことに気づき、変革の時であると判断しました。「お客様は購入する生産物の健康と安全や背景により関心をもたれているようですが、多くの場合に従来のスーパーマーケットでは本物の食べ物を見つけられません。」マルクトはお客様と、まさにこの本物の産物を提供する農家と生産業者を結びつけます。」

    読む
  • フード・デザイン
    Denise Kortlever, 2013年2月13日

    お茶はどうしてティーバッグに入っているの?レストランではどうしてあんなに食べ物が捨てられるの?カティア・グラウタース(Katja Gruijters)はいつも、当たり前のことに対する疑問からプロジェクトを始めます。食べることは人間の基本的な欲求であり、また文化の一部でもあります。それゆえ、儀式や人と人のかかわり合いに直結するものです。グラウタースは、食文化に対して確かな貢献を果たすべく、花のキャンディ、食べられるお皿、レース柄のチョコレートなど、斬新な食品をデザインしています。最近の彼女は、食べ物のサステナビリティ(安定供給)に焦点を置いています。グラウダースは、奇妙なEU食品法(「バナナはきちんと曲がっていなくてはならない」など、果物や野菜の大きさや形を厳格に規定)が制定されたのを、食べ物に対する見方を考え直したり、本物で嘘のない食品を取り入れたりするチャンスであると見て、食べ物を廃棄しないレストラン、残り物だけで作った夕食などのプロジェクトを立ち上げました。まさに、考える「糧」を人々に与えたのです。

    読む
  • マイアップルパイ
    Denise Kortlever, 2013年2月13日

    オランダ人にお気に入りのパイは何か訊いてみてください。答えは恐らく「アップルタルト(appeltaart)」でしょう。ほとんどの人はお気に入りのレシピを持っていて、数世代にわたって伝えられたレシピが多く、それぞれが独自の味を加えています。それでも、ただ一つ共通点があります。それはシナモンの暖かい香りとそれに合うホイップ仕立てのクリームです。

    読む
part51
part52
part53
part100
part101