オランダの設計と建築

オランダの建築は、大胆な、遊び心に満ちた、スマートな設計手法でよく知られています。レム・コールハース(Rem Koolhaas)やベン・ファン・ベルケル(Ben van Berkel)などの名人の作品は、世界中の大都市だけでなく、彼らの母国でも眺め、称賛できます。

  • オランダの誘惑
    Elleke van Duin, 2014年10月10日

    恐らくそう予想されることはないと思いますが、オランダ人は下着について独特の考え方を持っています。何百年にもわたって、肌着、長い下着、パジャマは、長くて寒い冬の間身体を暖かくしてくれました。その結果、Jansen&Tilanus(1869年設立)の丈夫な布は飛ぶように売れましたが、第二次世界大戦後、この会社は低賃金国との戦いに敗れました。Ten Cateが支配権を引き継ぎ、今日までオランダ人に機能的で快適な下着を供給してきました。さらに、私たちは実用的であり、ぴったり合うことが重要です。

    読む
  • マース川(Maas)のマンハッタン
    Jeroen Apers, 2013年10月15日

    他の国々に比べて、オランダの町の地平線は、すばらしいというほどではありません。しかし、オランダの土壌の弱さを考えると、ロッテルダムの高層ビル群は非常に壮観です。ヤルン・アペルス(Jaroen Apers)

    読む
  • オランダの自転車デザイン
    Jeroen Apers, 2013年6月25日

    トレンディな母親たちが「bakfiets(荷台付き三輪自転車)」を乗り回していなければ、オランダの町らしくありません。市街地では自動車の使用が制限されているのに、親は子どもを学校に送迎しなくてはならないことが、小型自転車メーカーにとってチャンスとなりました。自転車にはさまざまなタイプがありますが、子どもや買い物の荷物を載せるボックスが前に付いている、前後に伸びた形の自転車は、今やあって当たり前のデザインとなっています。

    読む
  • 浮かぶ建築
    Jeroen Apers, 2013年3月18日

    運河沿いに立ち並ぶ家々をご覧いただければお分かりの通り、オランダ人は水の近くに住むのを好みますが、水の上に住むこともいといません。「+31 アーキテクツ(+31 architects)」の若き建築家たちが設計した「デ・オンヴァル(De Omval)」ハウスボートは、その素晴らしい一例です。丸みを帯び、ガラスのファサードを構えるそのハウスボートは、近未来住宅の様相を呈しています。ハウスボートの中は階層式の段差があり、ルーフテラスから地階のベッドルームへと続く開放的な廊下を作り出しています。水上からの眺めは、ごみごみした都会の真ん中にいることを忘れさせてくれるほどです。

    読む
  • エイ(IJ)周辺の建造物
    Jeroen Apers, 2013年3月5日

    首都を訪問する人のほとんどがセントラル・ステーションから真っ直ぐにダムスクエア、運河またはミュージアム広場に行きます。それはとても残念なことです。駅の後ろの出口から出れば、アムステルダムの中心部と北側と分ける川のエイを眺められるすばらしい景色を楽しめるからです。ここ数年の間に、土手には目を見張るような建築が次々と出現しました。

    読む
  • この腕時計職人は、星を目指しています。
    Elleke van Duin, 2013年2月13日

    新しい腕時計をお探しとしましょう。ファッションデザイナーのトレンディな腕時計も、もちろん良いですが、もっと自分を演出するには、腕時計職人クリスティアン・ファン・デル・クラウー(Christiaan van der Klaauw)(1944年)による芸術品のミニチュアピースはいかがでしょうか。ヤウレ(Joure)にある自分の作業場で1974年に時計を作り始めたこのフリースラント出身の時計職人は、太陽系に魅せられた人生を送りました。そして、1992年、天文的な仕掛けを施した腕時計を専門に作り始めました。必要とあれば、プラネタリウムを丸ごとそのまま腕時計の中で作り上げてしまいます。「惑星同士の距離は途方もなく長いのに、魔法のような精確さで互いに周回し合っています。私は、この驚くべきメカニズムを時計の文字盤の上で表現したかったのです」と説明しています。

    読む
  • オランダ風の着こなしを
    Elleke van Duin, 2013年2月13日

    2011年パリ・オートクチュール・ウィークでイリス・ヴァン・ヘルペンがデビューした時、世界中のファッションメディアは熱狂的に彼女を迎えました。彼女が初めてAFWに参加した2007年には、このデビューをただ夢見るだけだったのが、ワシントン・ポスト紙は「畏敬の念を起こさせるコレクション」と評し、彼女を天才と称えました。滑らかな曲線を描く魚のしっぽと大きな翼の付いた未来を感じさせる斬新なレザーの衣装は強い第一印象を与えました。数々の賞を受賞し、ビョークやレディガガが彼女の作品を身に付けることとなりました。芸術的なファッション以上のものを作り出せることを世に示すため、イリスは現在、2013年3月に発表する、彼女にとって初めてのプレタポルテ・コレクションを制作中です。本物の「ヴァン・ヘルペン」を履いてみたいという人は、「ユナイテッド・ヌード(United Nude)」ブランドで提供されるヴァン・ヘルペンの靴で手を打たざるを得ません。

    読む