マーストリヒトのボネファンテン・ミュージアム

4 ビュー

マーストリヒトの「ボネファンテン・ミュージアム」は、異なる時代の作品が混在するユニークなコレクションで知られています。1200年から1600年の美しく印象的な芸術から、モダン、コンテンポラリーの作品まで、幅広いコレクションがこの美術館の特徴です。

マーストリヒトのボネファンテン・ミュージアム

ボネファンテン・ミュージアムの常設展は、コンセプチュアルアート、ミニマルアート、「アルテポヴェラ」などの芸術ムーブメントに合致する現代作品を展示しています。中世アートのコレクションは、次の3つのセクションに分類されています。

  • 1500年頃に生きていた、ヤン・ファン・ステフェスウェルトの木彫りの作品
  • 1200年から1500年頃の、象牙、ブロンズ、アラバスターのオブジェ「ニューテリングス・コレクション」
  • 16世紀から17世紀の、ブリューゲル、ファンダイク、ルーベンスなどの巨匠たちの作品

アルド・ロッシの建築

マーストリヒトの「ボネファンテン・ミュージアム」が、必見の美術館と言われる理由はたくさんあります。常設展、企画展のすばらしさはもちろん、充実したガイドツアーもあります。マース川沿いの旧工業地帯に位置するこの美術館は、イタリア人建築家アルド・ロッシの作品。空間と光が織りなすその素晴らしい建築デザインも見逃せません。