アムステルダムの建築

ユネスコ世界遺産でもある17世紀の運河エリアを筆頭に、アムステルダムには魅惑的な建築がたくさんあります。オランダ人建築家ベルラーヘの作品、建築運動アムステルダム派の建物、ゾイダスや東港湾地区の商業エリアに誕生した革新的なプロジェクトなど、枚挙にいとまがありません。

アムステルダムの建築
  • 王宮

    アムステルダムの心臓部にある王宮

    読む
  • アムステルダム中央駅 

    東京駅丸の内口のモデルになったともいわれ、1日30万人が利用するアムステルダムの鉄道の玄関口。国立美術館を建築したピエール・カイパースと技師ドルフ・ファン・ゲントの設計。

    読む
  • ベギンホフ

    都会の喧騒が嘘のような静かな秘密の中庭があります。ベギン会修道院の中庭は、1300年頃まで遡るアムステルダムで最も美しい庭園のひとつ。市内で最も古い木造住宅が残されています。

    読む
  • ARCAM建築センター

    ユニークな建築であふれるアムステルダムおよびその周辺の建築に関する情報を発信する機関です。レクチャー、会議、特別展などを行っています。入場無料。

    読む
  • トゥシンスキー劇場

    世界で最も美しい映画館のひとつ

    読む
  • カナルハウスミュージアム

    17世紀の歴史ある建物に、アムステルダム旧市街の運河地区が世界遺産に認定された2011年にオープン。市内の最も美しい運河のひとつヘーレン運河沿いにあります。

    読む