スピーゲル地区

45 ビュー

スピーゲル地区を散策

アムステルダムの歴史あるアンティーク地区で、世界各国の美術品や収集品を発見してください。

読む

アムステルダムの歴史あるアートとアンティーク地区で、世界各国の美術品や収集品を発見してください。

  • スピーゲル地区は80店以上の専門的な美術・骨董品商の拠点となっています。
  • アムステルダムの環状運河地区の中心に位置し、アムステルダム国立美術館、ナインストリート、ライツェ広場の近くにあります。
  • いつでも珍しい美術品や収集品に出会えます。

アムステルダムの美術品と骨董品

アムステルダム国立美術館から環状運河地区まで広がり、芸術的遺産の多くを有する文化的な名所であるスピーゲル地区(文字通り「鏡の地区」)は、アムステルダムで最も魅力的な地区の1つです。収集家や愛好家を問わず、歴史的な家々や狭い通りに軒を連ねる数々のギャラリーや趣のあるアンティークショップには掘り出し物が豊富にあります。  

スピーゲル地区の歴史と文化

スピーゲル地区の美術と骨董品の中心地としての評判は、一握りの骨董品商がこの地区に店を構えた20世紀初頭に始まりました。しかし、この地域が本当に栄え、オランダの美術品と骨董品の取引の中心地となったのは戦後になってからでした。スピーゲル地区の大動脈は美しいスピーゲルグラハト(Spiegelgracht)とニーウェ・スピーゲル通り(Nieuwe Spiegelstraat)で、80店以上の独立アートギャラリーやアンティークショップが、世界各国の最高傑作や現代の貴重品を取り扱っています。

あらゆる時代の珍しい品々

17世紀の家具からデルフト陶器、19世紀のジュエリーから骨董品、数世紀にまたがる珍品や収集品まで、スピーゲル地区では多くの掘り出し物を発見できます。一方、美術コレクターは古代ギリシャの美術品からアンディ・ウォーホルやバンクシーといったアイコンが手掛けた20~21世紀の作品を展示・販売しているギャラリーに出会えるでしょう。

周辺の観光スポット

スピーゲル地区は環状運河地区の中心部に位置するため、近くのミュージアムや興味のある場所と併せて気軽に訪れることができます。アムステルダム国立美術館、ゴッホ美術館アムステルダム市立美術館は、スピーゲル地区の南端から広がり、娯楽の中心地であるライツェ広場や有名な音楽の殿堂であるパラディソ も運河沿いを歩いてわずか5分で行ける距離にあります。

宿泊施設に関するアドバイス

地元での生活を実際に体験してみたい方は、この魅力的な地域の中心部にあるアパートかスタジオに滞在してみることをお勧めします。ここからはアムステルダムの主要な観光スポットも至近距離にあります。

編集者からのヒント: スピーゲル地区への旅行と同時にハールレンメル(Haarlemmerbuurt)地区も訪れて、近くのナインストリート(オランダ語では「Negen Straatjes」として知られます)をぶらぶら歩いてみましょう。Holland.comのオンラインマネージャーであるNatasja Fortuinには、「ハールレマーダイク(Haarlemmerdijk)でのショッピングは最高の楽しみ!様々な商品を取り揃えた美しくユニークなお店がたくさんあります。」と太鼓判を押しています。

目的地