ゼファンランデンハウゼン

180 ビュー

ゼファンランデンハウゼン

アムステルダムの通りにあるゼファンランデンハウゼンで、19世紀ヨーロッパの建築ツアーにご参加ください。

読む

アムステルダムの通りにあるゼファンランデンハウゼン(「七カ国の家」の意)で、19世紀ヨーロッパの建築ツアーに参加しましょう。

  • ミュージアム広場近くの隠れた至宝。
  • ゼファンランデンハウゼンの7つの家に宿泊。
  • 美しいフォンデル公園の近くにあります。

アムステルダム南部にある建築の至宝

緑が生い茂るアムステルダム=ザイト(「南」の意)の高級住宅街にあるゼファンランデンハウゼンは、19世紀の建築設計とイマジネーションの勝利であり、遠い異国のものに魅了されていた時代の証しです。この7軒の魅力的な家は、それぞれが異なるヨーロッパの国の建築様式を示しています。裕福で旅行好きな政治家であったサン・ファン・エーハンに依頼され、1894年に建築家のティジェーデ・カイパースによって建築されました。7軒の家はフォンデル公園の隣にあるルーメル・フィッセル通り(Roemer Visscherstraat)にあります。当時、数多くのアムステルダムの裕福な権力者たちが大邸宅を構えていた場所です。

七つの家の七つの国

7軒の特徴的な家は、建築様式を通じてヨーロッパの駆け足の旅を表しています。フランスの家に再現されたロワール渓谷のルネッサンス建築から、スペインの家に見られるムーア様式の影響、ネオクラシック建築のイタリアの邸宅まで、それぞれの家は互いに対照を成していて、見事にミスマッチな様式で目を楽しませてくれます。その他の国の代表としては、アートや工芸品の影響を受けているイギリス(現在はホテル)、印象的なクレムリン様式のロシアの家、ロマンティックで小塔のあるドイツの家があります。そしてもちろん、オランダの家ではオランダ・ルネッサンス様式も紹介されています。どの家がどの国の様式なのか解明するのに苦戦した場合でも、それぞれの家の間口に国名が記されています。

周辺の観光スポット

ルーメル・フィッセル通りは、アムステルダムで最も有名かつ最大の公園であるフォンデル公園につながっています。この公園はどの季節に訪れてもご満足いただけるでしょう。周辺には印象的なランドマークであるミュージアム広場があり、ここにはアムステルダム国立美術館ゴッホ美術館アムステルダム市立美術館に加え、アムステルダムの美しいコンサートホールであるロイヤル・コンセルトヘボウもあります。ファッションがお好きな方は、アムステルダムで最も高級なショッピング街であるP.C.ホーフト通りに軒を並べるデザイナーのブティックで様々なアイテムを揃えられます。このショッピング街は公園を抜けた、ゼファンランデンハウゼンの向かいにあります。

この地域の宿泊施設に関するアドバイスを表示

7つの家の1つであり、イギリスの家にある素朴な2つ星ホテルであるクエンティン・イングランドに実際に宿泊して、ゼファンランデンハウゼンを心ゆくまで満喫してください。あるいは、ミュージアム広場に隣接し、高級なファン・バールレ通り(Van Baerlestraat)にある5つ星のコンサヴァトリアム・ホテルでラグジュアリー気分に浸るのもお勧めです。フォンデル公園を囲む、美しい19世紀のヴィラにある小さなホテルの豊富なセレクションもあります。利用可能な宿泊施設はこちらからご覧ください。

目的地