デルフト

デルフトは、ヨハネス・フェルメールやデルフト焼き陶器で世界に知られています。運河沿いや教会、邸宅や美しい中庭など、昔の王家の栄華を彷彿とさせる史跡もたくさんあります。大学の街でもあるデルフトは、カナルツアー、ミュージアム、市場やたくさんのパブなど、楽しいスポットが目白押しです。

デルフトのアトラクション

デルフトには、近くや遠くからの観光客を引き寄せる楽しいアトラクションがいくつかあります。

読む

デルフトのみどころ

1653年に創業した窯元「ロイヤル・デルフト」で、世界に知られる陶器デルフト・ブルーについて知りましょう。その特徴は、美しいブルーで描かれた装飾です。この工房では、創業以来かわることなく伝統的な手描きの手法で絵付けをしています。フェルメール・センターでは、「真珠の耳飾りの少女」で知られ、「光の巨匠」と異名を取った画家ヨハネス・フェルメールの人生と作品について説明しています。旧教会、新教会、そして「プリンセンホフ」は、デルフトと王家の強い繋がりを物語ります。

  • デルフトでのショッピング

    デルフトは、オランダ有数のショッピングの町の1つです。デルフトでのショッピングの1日をお楽しみください。

    読む
  • デルフトブルー

    デルフトブルーは16世紀以来、デルフトの街で生産されている世界的に有名な陶器です。

    読む
  • オレンジ家の町

    デルフトは、オランダ王家であるオレンジ家の町です。デルフトとオランダ王家の関係は何百年も前にその発端をさかのぼります。

    読む