ロッテルダムの建築

ロッテルダムは、その迫力あるスカイラインから、“マース川のマンハッタン”との異名もあります。建築の街としてその名を馳せるこの街に、「オランダ建築協会」が拠点を構えるのも頷けます。

  • ロッテルダムのキュービックハウス

    1984年にデザイナーのピート・ブロムにより設計されたロッテルダムのシンボル的な建築。40軒のサイコロ型の住宅が繋ぎ合わさり、ユースホステルになっている棟もあります。

    読む
  • ファン・ネレ工場

    オランダで10番目のユネスコの世界遺産に認定された「オランダの近代主義の象徴」。1920年頃、コーヒー、紅茶、煙草を生産する工場として建てられた当時、最先端の建築。

    読む
  • ホテル・ニューヨーク

    旧ホーランド・アメリカライン本社の歴史的な建物を改装したホテル。ホテルとしては、1993年に創業。客室、レセプション、レストランなどはレトロな雰囲気満載です。

    読む
  • クンストハル

    建築界の大御所、レム・コールハース建築のクンストハル(Art Hall)では、3300 m2の展示スペースを活かし、年間25もの、様々な文化的かつ実験的な特別展を開催しています。

    読む
  • ザ・ホワイトハウス

    1898年完成のヨーロッパで最初の「高層ビル」。ロッテルダムで1940年のドイツ軍の空爆を免れた数少ない建物の一つで、アールヌーボー調の建築が美しい。一階はバーになっています。

    読む
  • エラスムスブリッジ ロッテルダム

    ロッテルダム出身の偉大な哲学者の名前がついたエラスムス橋は、町のシンボルです。建築家ベン・ファン・ベルケル設計。市の文化の中心でもあり、各種イベントが開催されています。

    読む

ホテル検索 目的地

ロッテルダムの地図