ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館

2,099 ビュー

ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館

レンブラントからマーク・ロスコまでボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館では美術史の概要を把握することができます。

読む

ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館 はロッテルダムのミュージアムの中でも最大の規模を誇ります。ブリューゲル、レンブラント、モネ、ファン・ゴッホ、カンディンスキーやマグリットといった多彩な画家の作品を網羅した注目すべきアートコレクションを鑑賞したり、隣接するミュージアム・パークやその他の地域を散策したり。充実した1日を満喫いただけるでしょう。

  • オールド・マスターの世界から抽象表現主義まで、西洋美術史の変遷をたどってみましょう。
  • レンブラント、モネ、ファン・ゴッホ、カンディンスキー、ロスコやその他多くの画家たちが生み出した最高傑作をご鑑賞ください。
  • 珍しい美術館の建物を堪能し、多面的なミュージアム・パークの周辺環境をお楽しみください。

ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館とロッテルダム

ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館は、弁護士であり美術品収集家でもあったフランス・ヤコブ・オットー・ボイマンス(Frans Jacob Otto Boijmans)がロッテルダム市に寄贈したコレクションを基礎として1849年に設立されました。以後100年あまりで実業家ダニエル・ジョージ・ファン・ベーニンゲン(Daniël George van Beuningen)の有名なコレクションが加わりました。1935年にオープン。ボイマンスコレクションを所蔵するために特別に設計された美術館の建物は、今もなおロッテルダムのランドマークであり続けています。特徴的なタワーはこの街のスカイラインに彩りを添え、今日に至るまで身近な存在となっています。

ロッテルダムの美術史をたどる

特定の時代を専門に扱う他の多くのミュージアムとは異なり、ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館では中世初頭から21世紀までのオランダとヨーロッパの美術品を網羅しています。ヒエロニムス・ボス、レンブラント、モネ、ファン・ゴッホ、カンディンスキー、ダリ、ピエト・モンドリアン、ロスコといった多彩な画家たちの最高傑作を所蔵しています。こうした背景から、オランダの巨匠たちの世界から印象派やシュルレアリスム、モダニズムにデ・ステイルまで、館内を巡って旅する気分を味わえるでしょう。また、この美術館では好評を博している企画展も定期的に開催されています。

美術館の周辺

ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館に隣接するミュージアム・パークは、一風変わった多面的な空間です。緑が豊かに広がり、果樹園やイベント用の色とりどりのアスファルト舗装されたエリアなどもあります。レム・コールハース(1988~1993年)、イヴ・ブリュニエ(2011年)、ポール・デ・ロイター(2005~2010年)の3人の建築家によって異なるフェーズで設計されました。ロッテルダムのミュージアムと文化施設のうち、ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館、ヘット・ニュー・インスティテュート、クンストハル美術館、ロッテルダム自然史博物館(Natuurhistorisch Museum Rotterdam)、シャボット・ミュージアムといった5つもの施設がミュージアム・パーク内とその周辺に集まっています。その他のロッテルダムの観光地やランドマーク、例えばユーロマストエラスムス橋、ウィッテ・デ・ウィット通り(ショップ、ギャラリー、カフェが立ち並ぶ人気の通り)も近くにあります。

チケットの予約

ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館のチケットを予約して、数百年にわたる美術史をたどってみませんか。オーディオツアー(英語またはオランダ語)を活用して、特別なテーマを徹底的に掘り下げてもいいでしょう。

おすすめポイント

ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館は1つの文化的なスペシャリストに過ぎません。ミュージアム・パークの周辺でアート、自然史、建築への造詣を深めてください。またはその他のロッテルダムのミュージアムをご覧ください。

近場の見所をご覧ください
ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館
住所: 
Museumpark 18 - 20
3015CX ロッテルダム

ホテル検索 目的地

目的地