Betje Boerhaveミュージアム

212 ビュー

Betje Boerhaveミュージアム

Betje Boerhaveは19世紀の食料品店の女店主でした。当時、そのような女性の意欲はオランダでは眉をひそめられるようなことでした。今日、ユトレヒトの中心地のロマンチックな食料品店の形をとったBetje Boerhave ミュージアムで彼女の勇気が称えられています。

読む

Betje Boerhaveは19世紀の食料品店の女店主でした。当時、そのような女性の意欲はオランダでは眉をひそめられるようなことでした。今日、ユトレヒトの中心地のロマンチックな食料品店の形をとったBetje Boerhave ミュージアムで彼女の勇気が称えられています。

時を遡って

Betjeが住んでいたとされるミュージアムと店はDomplein広場近くのNeudeとJanskerkhofの間にあります。ミュージアムにはBetjeの時代の商品を並べた展示室とさらに過去の時代にタイムスリップする店で構成されています。

昔懐かしい商品

店では、大麦のお粥、レンズ豆、生のマスタード、包装されていないお茶やバターワッフル、ペパーミントやさまざまな甘草などのスイーツなど、昔懐かしい、おいしい商品を販売しています。

目的地