ベアトリクス王女

1452 ビュー

ベアトリクス王女

我らが前女王、現在ベアトリクス女王は、王室の王室のオレンジ・ナッソー家の重要なメンバーです。 ベアトリクス女王は、1980年4月30日、王位に就き、2013年4月30日、息子のウィレム=アレクサンダー皇太子に王位を譲位しました。配偶者のクラウス王子は、20002年に永眠されました。ベアトリクス女王には息子が3人いらっしゃり、長男がウィレム=アレクサンダー王に就任されました。 二男はフリソ王子、三男はコンスタンティン王子です。

読む

我らが前女王、現在ベアトリクス女王は、王室の王室のオレンジ・ナッソー家の重要なメンバーです。 ベアトリクス女王は、1980年4月30日、王位に就き、2013年4月30日、息子のウィレム=アレクサンダー皇太子に王位を譲位しました。配偶者のクラウス王子は、20002年に永眠されました。ベアトリクス女王には息子が3人いらっしゃり、長男がウィレム=アレクサンダー王に就任されました。 二男はフリソ王子、三男はコンスタンティン王子です。

  • 1980年から2013年まで、ベアトリクス王女はオランダの女王でした。
  • 夫はクラウス殿下で、2002年に薨去されています。
  • ベアトリクス王女はウィレム=アレクサンダー王の母親です。

ベアトリクス女王の若年期

ベアトリクス王女は、ユリアナ女王とベルンハルト王子の長女として誕生されました。妹のアイリーン王女は1939年、マーガレット王女は1943年、クリスティナ女王は1947年に誕生されました。ベアトリクス王女が2歳のとき、戦争中、王室一家は避難されていました。その後すぐにユリアナ王女は、ベアトリクスとアイリーンとともに、マーガレットが誕生したカナダに旅行しました。1945年8月に、王室一家はオランダに帰国されました。1945年8月、王室一家はオランダに帰国されました。ベアトリクス王女はライデン大学で教育を受けられ、1961年に法律の学位を取得されました。

クラウス殿下との結婚

1965年6月、ユリアナ女王はベアトリクス王女とドイツ人のクラウス・フォン・アムスベルクの婚約を発表しました。王女は1963年の大晦日にクラウスと出会いました。2人は1966年3月10日にアムステルダムで結婚しました。現国王であるウィレム=アレクサンダーは、1967年に長男として生まれました。故フリーゾ王子とコンスタンティン王子は、それぞれ1968年と1969年に生まれました。

国家元首としての役目

1980年4月30日、ユリアナ女王が退位し、ベアトリクス王女が継承しました。女王として、国を率い、法律に署名したり、国家官僚に宣誓するなど、国家関連の公務を遂行しました。また、外国訪問や各国の要人をもてなすなど、オランダを代表する儀式に関する公務も担っていました。

退位

自身の即位からちょうど33年後の4月30日、ベアトリクス女王は長男のウィレム=アレクサンダー皇太子に譲位しました。退位以後、ベアトリクス女王の称号はオランダ王女となっています。