フィンセント・ファン・ゴッホ

ブラバント州で生まれたフィンセント・ファン・ゴッホ(1853年-1890年)は、実在した中でも最も有名な芸術家の1人に数えられます。ゴッホの作品を堪能したいなら、アムステルダムにあるゴッホ美術館は外せません。ゴッホ愛好家の方には他にもお勧めしたい特別な場所があります。クレラー・ミュラー美術館は、美しいデ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内にあり、世界で2番目に大きいゴッホ・コレクションを誇ります。ゴッホの故郷であるブラバント州では、彼の人生と作品を形作る一端を担ったユニークな場所を今も訪れることができます。ここでご紹介する場所はいずれも必見のスポットです!

世界最大のゴッホ・コレクションを収蔵する2つの美術館を訪れる
ブラバント州でゴッホの足跡をたどる

ファン・ゴッホ・ローズガールデ自転車道

ゴッホの「星月夜」に着想を得た、輝きを放つ自転車道をご覧ください。

読む

フィンセント・ファン・ゴッホ:スターの誕生

画家フィンセント・ファン・ゴッホは、オランダのアートシーンから生まれた世界的なスターです。1853年3月30日、オランダ南部の北ブラバント州 に生を受けたゴッホは、後期印象派の画家として、成功を求めて苦労したことで知られています。生前に売れた絵はほんの数点というエピソードは有名ですが、親交のあった画家たちと作品を交換し合い、食べ物や画材を手にするために周囲の人々へ作品を贈ったということも忘れてはいけません。生涯で、約900点の油絵と約1000点の素描画および銅版画を描きましたが、そのなかには世界に影響を与え、アート史に深く刻まれている傑作がたくさんあります。ゴッホの全時代の作品を通して、その真髄を味わってみませんか?ゴッホの祖国オランダでは、作品を鑑賞するだけでなく、ゴッホの足跡を訪ね、その人となりを見つめることができます。

世界的に有名なミュージアムのコレクション

ゴッホの人生と作品を掘り下げるために、2つの人気ミュージアムから出発しましょう。1973年、アムステルダムに誕生した ファン・ゴッホ・ミュージアム は、ゴッホの世界最大のコレクションを収蔵しています。またここでは、数百通にのぼる手紙や科学的手法を使い、絵が進化していく過程、旅人としてのゴッホ、周囲の人々との関係などを調査。その成果を開館以来、世界に発信しています。
デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園の緑に囲まれたクレラー・ミュラー美術館は、約300点ものゴッホ作品を収蔵。ここでも素晴らしい作品が鑑賞できます。1900年代に熱心に収集された展示品からは、この時代、ゴッホが世界的に評価されていく過程を、ゴッホ後期の作品に注目したへレン・クレラー・ミュラー夫人 が後押ししていたことが疑いの余地なくみてとれます。

オランダでたどる フィンセント・ファン・ゴッホの人生と作品

ゴッホのことを心から理解するために、カンバスの向こうにいる画家に会いましょう。オランダの田舎に足を延ばして、ゴッホが影響を受けた村や町を訪れてみましょう。南部にある ニューネンという趣のある村は必見です。1883年、ゴッホはフランスに旅立つ前に両親と共にニューネンへ引越し、暮らしました。ここで「馬鈴薯を食べる人々」(1885年)など初期の傑作が描かれました。 ファン・ゴッホの村ニューネン はいま、ゴッホの芸術への努力を献身的に紹介し、オーディオ・ビジュアルを駆使し画家の人生を再現しています。

生誕の地ズンデルトにあるフィンセント・ファン・ゴッホの家 で、ゴッホの幼少時代を知ることができます。近郊のティルブルグでは、13歳の少年が最初の絵の勉強をした場所を訪ねることができます。北ブラバント・ミュージアム でもゴッホ作品が観られます。北ブラバント州の自然に触れながら、ゴッホの魅力に親しむことができるゴッホゆかりの地を自転車でめぐるルートもおすすめです。ゴッホの見た景色や村々を眺めていくと、画家のもつ世界観が見えてきます。

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853年-1890年)

生前、ゴッホの絵画は数点しか売れなかったことをご存知でしたか?

読む

ホテル検索 目的地

オランダ・チケットショップ

チケットショップでアムステルダムのミュージアムやアトラクションのチケットのご予約を承ります。まとめ買いなら割引もあります。

提供内容の表示