フィンセント・ファン・ゴッホ

3,211 ビュー

フィンセント・ファン・ゴッホ

フィンセント・ファン・ゴッホは、1853年にオランダ南部のフロート・ズンデルトで生まれました。1880年に画家を目指すまで、画商、教師、牧師などさまざまな職を転々とします。当時の著名な画家たちは明るい色彩を好んでいたにもかかわらず、ファン・ゴッホの初期の作品はとても暗いものでした。1886年にはパリに移り住み、自画像と新しい色彩を学びます。この時期、少なくとも20点の自画像を制作しました。

読む

生前に売れたフィンセント・ファン・ゴッホの絵画は数点でしたが、没後は最も影響力のある画家の一人として名を馳せました。アムステルダムのゴッホ美術館、フェルウェのクレラー・ミュラー美術館、 デン・ハーグハーグ市立美術館ロッテルダムボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館でゴッホの作品をご覧になれます。ズンデルトのゴッホの生家、父親が説教を行っていたエッテン=ルールの教会、初期の傑作を描いたニューネンなど、ゴッホの人生で重要な役割を果たした場所を訪れるのもお勧めです。

  • フィンセント・ファン・ゴッホは、1853年にズンデルトで生まれました。
  • ファン・ゴッホはポスト印象派のスタイルでよく知られ、自画像の他「馬鈴薯を食べる人々」や「ひまわり」などの代表作があります。
  • ゴッホ美術館やクレラー・ミュラー美術館で作品を鑑賞したり、ズンデルトにある生家を訪れるのもお勧めです。

フィンセント・ファン・ゴッホの生涯

フィンセント・ファン・ゴッホは、1853年にオランダ南部のフロート・ズンデルトで生まれました。1880年に画家を目指すまで、画商、教師、牧師などさまざまな職を転々とします。当時の著名な画家たちは明るい色彩を好んでいたにもかかわらず、ファン・ゴッホの初期の作品はとても暗いものでした。1886年にはパリに移り住み、自画像と新しい色彩を学びます。この時期、少なくとも20点の自画像を制作しました。

ゴッホは都会の暮らしに馴染めず、1888年に南フランスのアルルに移り住みます。彼の晩年となるこの時期に、彼は意欲的に多くの主要作品を制作しました。しかし同時に、精神病を患い入院するなど、苦悩に満ちた時期でもありました。1890年6月27日、ゴッホは自分の胸をピストルで撃ち自殺を図り、その2日後に亡くなります。ゴッホが必要としたすべての費用を払っていた弟のテオが、コレクションを相続しました。

フィンセント・ファン・ゴッホの作品

ゴッホは、光と色彩の独自の使い方で知られています筆やパレットナイフのストロークを活かした、厚塗りの手法も特徴です。ポスト印象派のファン・ゴッホの作品は、20世紀の主要な芸術の流れに大きな影響を与えました。

ファン・ゴッホは、存命中自作の絵画をほとんど売っていませんでした。今日では、彼の作品は絶大な人気を博し、価格も高騰しました。アムステルダムゴッホ美術館では、200点の油彩、500点の素描、750点の書簡集などがあり、毎年世界各国から150万人の人々が訪れます。

フィンセント・ファン・ゴッホの作品を見るには

ファン・ゴッホの作品、人生、ゴッホが後世に与えた影響などに興味があるなら、アムステルダムのゴッホ美術館は必見です。ゴッホや同時代の画家たちの絵画や素描の膨大なコレクションを収蔵しています。デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内のクレラー・ミュラー美術館です。

宿泊施設 

オランダ各地でフィンセント・ファン・ゴッホの作品と人生を探究しようと計画している方に、お好みやご予算に応じた素晴らしい宿泊施設をご紹介します。こちらから総合的なホテルのセレクションをご覧いただき、最適なホテルをご予約ください!

編集者のアドバイス

 最も美しいブラバント州を発見し、ファン・ゴッホ・サイクリングルート(エッテン=ルール)をたどってみましょう。美しい景色やゴッホの画家としてのキャリアに影響を与えた数々の場所を巡る49キロのルートを自転車で回れます。

近場の見所をご覧ください
フィンセント・ファン・ゴッホ
住所: 
Museumplein 6
1071DJ アムステルダム

フィンセント・ファン・ゴッホ

ゴッホが暮らした美しい場所を訪れ、そこですべてを学ぶことは、史上最も有名な芸術家の人生と作品を学ぶことを意味します。

読む