チューリップ

17世紀から毎年春になると、チューリップがオランダの風景を色彩豊かなタペストリーへと変化させます。150万本ものチューリップの多くが、オランダの市場から世界の庭園や花瓶へと送られます。

  • チューリップミュージアム

    チューリップが果たした役割やチューリップバブルなどを歴史的に展示。ヨルダン地区にあります。ミュージアムショップの華やかな彩りのチューリップグッズも楽しい。

    読む
  • キューケンホフ

    オランダでチューリップを見るなら、チューリップ畑に囲まれ700万の球根花が咲き誇るキューケンホフ公園で決まり!

    読む
トップフラワーイベント
見逃せないもの: 花市
  • オランダで最高の花市場

    オランダは、世界最大の「花屋」として知られています。オランダの人々は、チューリップだけではなく、花を真撃に受け止めています。

    読む
  • シンゲルの花市

    オランダ人の生活に欠かせないものと言えば生花。アムステルダムのシンゲル運河沿いの花市は、全長2キロ程の通りにバージ船に載ったお花屋さんやお土産物屋さんが並んでいます。

    読む
  • レーワルデン花市

    レーワルデンの素敵な花市をご覧ください。

    読む
オランダを象徴する花についてもっと詳しく知る

700万株の球根

チューリップへの愛は留まることを知りません。世界最大のフラワーパークであるキューケンホフでは、700万本のチューリップが花を咲かせます。さらに、フラワーパレードの間、チューリップで飾られた何十台もの山車が、ボレンストレーク (球根地帯) のチューリップ畑をパレードします。両方のフラワーイベントには、何十万人もの観光客が訪れます。

昔、どこにも定着できない花がありました。その花の球根は、カザフスタンの山々からペルシャ、中国、トルコをさまよいました。その旅は、オランダ人科学者が球根をヨーロッパの小さな国に持ち帰るまで続きました。花はその土地の気候と土壌を気に入り、住民もその花に心を奪われ、間もなく国の象徴になりました。まるでおとぎ話のようなこの物語はチューリップに本当に起きた物語です。

お花畑

  1. Ulrike Grafberger

お花畑はキューケンホフ(Keukenhof)だけではありません。 驚くほど美しいお花畑を、お金をかけずに楽しむためのヒントをお教えしましょう。

読む