オランダのロイヤルファミリー

オランダはかなり若い君主国です。オランダ王国は1815年に建国され、ウィレムI世が最初の君主でした。オランダ最初の国王はオラニエ=ナッサウ家の出身でした。オランダのモットーである‘Je maintiendrai (「我、守り続けん」)’、国旗の色と国の色であるオレンジは、すべてオラニエ=ナッサウ家に関連しています。現在のベアトリクス王女は30年以上にわたって君主として君臨しました。2013年、王女の長男のウィレム=アレクサンダーが王位を継承しました。君主の権限は限られており、女王は不可侵ですが行政権は内閣にあります。君主は中立の立場を取り、政治問題について判断を下すことはありません。

オランダ王室の城や宮殿を訪れる