水とオランダ人

オランダ人と水との関係は、今も昔も、常に特別なものです。オランダは、領土のほとんどが海抜以下であることから、何世紀にも渡って水と闘ってきました。しかし、数世紀前のオランダは、海上で栄華を誇る探検家たちの国として広く知られていました。今日では、数々の水上工学プロジェクトや、世界中の水と闘う国々を支援していることで特に知られています。米国ニューオリンズ州は、ハリケーン「カトリーナ」による被害の後、将来起こりうる洪水から住民を守るために、オランダの専門技術やノウハウを採用しています。オランダの次期国王、ウィリアム・アレクサンダー王子は、水管理のエキスパートでもあります。一方で、水をリクリエーションとして楽しむ機会にも大変恵まれています。