花畑

オランダの花

一面に広がるチューリップ畑の鮮やかな彩りは、オランダの春の風物詩です。目も覚めるような赤やピンク、そして黄色の絨毯をしきつめたような美しい光景は、必見です。

花畑の季節

3月の終わりから5月の2週目にかけて、オランダは花のシーズンになります。その年の気候によって、多少のずれはありますが、通常4月の後半がベストシーズンです。

3月の終わりなると、クロッカスが咲き始めます。スイセンや早咲きの小さなチューリップが4月のはじめに咲き始め、4月中旬になるとヒヤシンス、続いて4月後半から5月の1週目くらいまで、豪華なチューリップが咲き乱れます。

球根地域

ライデン、デン・ヘルダーなどの町と、北海の砂丘との間には有名な球根地域があります。エンクハウゼン(ボーヴェンカルスペル、アンダイク)、フレボランド州(ノールドオーストポルダー、オーステルック・フレボランド)にも美しい花畑があります。散策、サイクリング、ドライブのルートは、球根地域の観光案内所で入手できます。

チューリップ畑をサイクリング

チューリップと並んで、オランダのトレードマークになっているのが自転車。この2つを組み合わせて、香しい花畑、地域の文化、美しい景色を、自転車で満喫しましょう。曲がりくねりながら畑を行く夢のようなルートは、長い歴史を持つ町、ライデンやハールレムへと続きます。世界的にも有名な「キューケンホフ」で、たくさんの花を見て、美しい写真を撮ってください。

キューケンホフ

キューケンホフは、訪れる全ての人を魅了します。2700本を超える木が、32ヘクタールの園内を覆い、無数のチューリップ、ヒヤシンス、スイセンなどの春の花が咲き乱れます。園内に咲くたくさんの花、そしてパビリオンで開催されるユニークなフラワー・ショーは、世界一の花の祭典と呼ぶに相応しい盛大さです。リッセにあるキューケンホフ公園は、3月中旬から5月中旬まで開園します。