OVチップカード(OV chip card)

39 ビュー

  • 「無記名式OVチップカード」を購入します
  • カードの価格は7.50ユーロで、5年間有効です
  • クレジットカードでの入金はできません
  • 鉄道を利用する際は、20ユーロ以上のカード残高が必要です

オランダで公共交通機関を使って移動する際は、いわゆるOVチップカードを使います。これはクレジットカードのようなもので、バス、トラム、電車、メトロの支払いに使います。駅やキオスク、それにスーパーマーケットの多くの店舗で購入できます。旅行者の場合、旅行者専用のカードはありませんので、「無記名式」OVチップカードを使うのが良いでしょう。

OVチップカードへのチャージ(入金)

無記名式OVチップカードを購入するには7.50ユーロがかかりますが、これには移動にかかる料金支払いに使えるお金が含まれていません。多くの駅に設置されているサービスデスクや機械で入金できます。この際、入金方法にはいくつかありますが、クレジットカードは使えないのでご注意ください。入金したら、バス、トラム、メトロでの移動にOVチップカードが使えるようになります。ただし、これではまだ、電車での移動には使えません。

OVチップカードを使って電車に乗る

電車(NS)での移動にOVチップカードを使いたい場合は、「NSチケットマシン」でカードを有効にする必要があります。また、電車に乗る前の時点で、カード残高が20ユーロ以上なければいけません(バス、トラム、メトロでは、この条件を満たす必要はありません)。電車に乗るのにOVチップカードが有効になっていない場合は、「NSチケットマシン」または大型駅にある「NSチケット&サービスデスク」で切符を購入することもできます。「NSチケット&サービスデスク」で切符を購入すると、一律0.50ユーロ余分にかかるのでご注意ください。

クレジットカードでは支払えない時も

NSチケットマシンで電車の切符を購入する場合、通常の支払い方法は、現金またはPIN(デビットカード)のみです。クレジットカードは使えません。スキポール空港駅とアムステルダム中央駅でのみ、チケットマシンでクレジットカードが使えます。

チェックインとチェックアウト

バス、トラム、列車に乗る際は、チェックインマシンの枠に向かってOVチップカードをかざしてください。マシンがチェックインを確認すると、緑色のランプが点灯し、ピー音が鳴ります。チェックアウト時も同じ手順に従います。チェックアウトすると、マシンがかかった料金と残高を表示します。チェックアウトしないと料金がどんどん加算されていくことを覚えておいてください。

カードの有効状態と残高

無記名式OVチップカードの有効期限は5年間です。カードに有効期限の日付が印字されている場合がほとんどです。このため、次にオランダに来る時のために、OVチップカードを取っておくことができます。残高もそのまま残ります。ただし、カードそのものにかかる7.50ユーロは返金されません。

残高を払い戻したい場合は(30ユーロ未満の場合)、公共交通機関の駅にあるサービスデスクで払い戻しを受けられます。この際、手数料として2.50ユーロがかかります。カードを使用停止したい場合は、公共交通機関のデスクでフォームをもらい、フォームに記入したらカードを同封し、フォームに記載されている住所宛に送付します。

無記名式OVチップカードは、紛失や盗難の場合も使用を停止できないため、高額の入金はお控えください。

無記名式OVチップカードは次の場所で購入できます。

  • 駅の自動カード販売機
  • 一部タバコ販売店(Primera等)
  • 一部スーパーマーケット
  • 一部ブルーナショップ
  • 公共交通機関のサービスデスク