お砂糖とミルクを入れますか?

Denise Kortlever, 2014年11月21日 , 177 ビュー

お砂糖とミルクを入れますか?

オランダ人は会社や自宅でいつものカフェインなしの一日を想像できませんが、どこかほかの場所でコーヒーを飲むことはあまりありません。オランダでは家庭の外で消費されているコーヒーはわずか30パーセントにすぎず、他の国よりはるかに少ない割合です。

読む

しかし、時代は変わり、持ち帰り文化を受け入れるオランダ人が増えているようです。オランダの街路は、「トリプルソイキャラメルラテ」を楽しむ人々で賑わっています。今では、最も珍しい種類のものが、オランダのほとんどの都市で急速に増えているCoffee Companyのような人気のあるフランチャイズ店を通して広まっています。長い間期待されていたコーヒーの最大手のスターバックスが2007年に出現し、オランダのチェーン店にとって脅威的なライバルになることが予想されていましたが、スターバックスがアムステルダムに最大の店舗を開店しても、Coffee Companyはまだオランダ市場で最大のプレーヤーです。特にサラ・リー(Douwe Egberts)がオランダのチェーン店を買収して以来、現在ではコーヒー市場の約30パーセントを占めています。

しかし、時代は変わり、持ち帰り文化を受け入れるオランダ人が増えているようです。オランダの街路は、「トリプルソイキャラメルラテ」を楽しむ人々で賑わっています。今では、最も珍しい種類のものが、オランダのほとんどの都市で急速に増えているCoffee Companyのような人気のあるフランチャイズ店を通して広まっています。長い間期待されていたコーヒーの最大手のスターバックスが2007年に出現し、オランダのチェーン店にとって脅威的なライバルになることが予想されていましたが、スターバックスがアムステルダムに最大の店舗を開店しても、Coffee Companyはまだオランダ市場で最大のプレーヤーです。特にサラ・リー(Douwe Egberts)がオランダのチェーン店を買収して以来、現在ではコーヒー市場の約30パーセントを占めています。

ファストテイクアウトコーヒーのコンセプトと対照的に、スローコーヒーの人気は高まっています。この伝統的なフィルターコーヒー(米国から始まった流行)は、味わいがあり、お湯にほんのりと風味をつける煎りたてのコーヒー豆でつくられています。ほのかなフレーバー、香りのよいコーヒーができあがります。Two for Joy、Screaming Beans(両方ともアムステルダム)、Breggen(ロッテルダム)などの地元のコーヒーショップは、スローコーヒーでよく知られていますが、大型コーヒーチェーン店もスロートレンドを歓迎しているようです。スターバックスのトレンディなデザインコンセプトストア(The Bank)でさえも特別な「スローコーヒーシアター」があり、コーヒーを飲むことを真の体験にしようと考えています。結局、オランダ人が時間をかけてゆっくりおいしいコーヒーを飲もうとしているかのようでもあります。

Two for Joy, Haarlemmerdijk 182 and Frederiksplein 29, Amsterdam
Screaming Beans, Eerste Constantijn Huygensstraat 35 and Hartenstraat 12, Amsterdam
Breggen, Goudsesingel 39, Rotterdam
The Bank Starbucks, Rembrandtplein, Amsterdam

しかし、時代は変わり、持ち帰り文化を受け入れるオランダ人が増えているようです。オランダの街路は、「トリプルソイキャラメルラテ」を楽しむ人々で賑わっています。今では、最も珍しい種類のものが、オランダのほとんどの都市で急速に増えているCoffee Companyのような人気のあるフランチャイズ店を通して広まっています。長い間期待されていたコーヒーの最大手のスターバックスが2007年に出現し、オランダのチェーン店にとって脅威的なライバルになることが予想されていましたが、スターバックスがアムステルダムに最大の店舗を開店しても、Coffee Companyはまだオランダ市場で最大のプレーヤーです。特にサラ・リー(Douwe Egberts)がオランダのチェーン店を買収して以来、現在ではコーヒー市場の約30パーセントを占めています。

しかし、時代は変わり、持ち帰り文化を受け入れるオランダ人が増えているようです。オランダの街路は、「トリプルソイキャラメルラテ」を楽しむ人々で賑わっています。今では、最も珍しい種類のものが、オランダのほとんどの都市で急速に増えているCoffee Companyのような人気のあるフランチャイズ店を通して広まっています。長い間期待されていたコーヒーの最大手のスターバックスが2007年に出現し、オランダのチェーン店にとって脅威的なライバルになることが予想されていましたが、スターバックスがアムステルダムに最大の店舗を開店しても、Coffee Companyはまだオランダ市場で最大のプレーヤーです。特にサラ・リー(Douwe Egberts)がオランダのチェーン店を買収して以来、現在ではコーヒー市場の約30パーセントを占めています。

ファストテイクアウトコーヒーのコンセプトと対照的に、スローコーヒーの人気は高まっています。この伝統的なフィルターコーヒー(米国から始まった流行)は、味わいがあり、お湯にほんのりと風味をつける煎りたてのコーヒー豆でつくられています。ほのかなフレーバー、香りのよいコーヒーができあがります。Two for Joy、Screaming Beans(両方ともアムステルダム)、Breggen(ロッテルダム)などの地元のコーヒーショップは、スローコーヒーでよく知られていますが、大型コーヒーチェーン店もスロートレンドを歓迎しているようです。スターバックスのトレンディなデザインコンセプトストア(The Bank)でさえも特別な「スローコーヒーシアター」があり、コーヒーを飲むことを真の体験にしようと考えています。結局、オランダ人が時間をかけてゆっくりおいしいコーヒーを飲もうとしているかのようでもあります。

Two for Joy, Haarlemmerdijk 182 and Frederiksplein 29, Amsterdam
Screaming Beans, Eerste Constantijn Huygensstraat 35 and Hartenstraat 12, Amsterdam
Breggen, Goudsesingel 39, Rotterdam
The Bank Starbucks, Rembrandtplein, Amsterdam

近場の見所をご覧ください
お砂糖とミルクを入れますか?