ミュージアム・ヘット・スキップ

794 ビュー

31 人中 45 人の訪問者がこの情報が役に立つと考えています。

アムステルダム・スクール派の建築で有名な「ヘット・スキップ(Het Schip)」。アムステルダム・スクール派は、煉瓦使いに特徴がある1910年代から1930年代に流行った建築様式です。

  • アムステルダム派をテーマにしたミュージアム。
  • ユニークな施設のデイリーツアー。
  • 世界的に有名なデ・クラークの塔をご覧ください。

アムステルダム・スクール派のミュージアム

「ヘット・スキップ(Het Schip/The  Ship)」はその名の通り、船の形をしています。1919年に建築家ミシェル・デ・クラークにより建てられた建物は、集合住宅、ホール、湯便局などが入る複合施設でした。現在は、アムステルダム・スクール派の建築を展示するミュージアムとなっています。

 アムステルダムの建築様式

アムステルダムは旧市街の中世の建築が有名ですが、人口増に伴い街は外側に拡張されていきました。ミュージアム・ヘット・スキップがある一帯は、アムステルダム・スクール派の建築が多い、20世紀前半に開発されたエリアです。

アムステルダムにあるその他のアムステルダム派の建築

この街にはヘット・シップ(Het Schip)に加え、シッピング・ハウス(Scheepvaarthuis)もあり、宿泊も可能です。街の中心部の真ん中には、19世紀の建築において最も重要な建造物の1つ、ブールス・ファン・ベルラーヘがあります。

近場の見所をご覧ください
ヘット・スヒップミュージアム
住所: 
Spaarndammerplantsoen 140
1013XT アムステルダム
ウェブサイトをご覧ください
ウェブサイトをご覧ください

ホテル検索 目的地