ユネスコの世界遺産に登録された蒸気式揚水場

930 ビュー

57 人中 67 人の訪問者がこの情報が役に立つと考えています。

レメルのD.F.ワウダ蒸気式揚水場で、蒸気の力を体験しましょう。これは世界でも唯一の蒸気式揚水場で、1920年に建設されました。技師D.F.ワウダによって設計され、1998年にはユネスコの世界遺産に登録されています。

  • ユネスコの世界遺産に登録された場所を訪れて、蒸気の力を実感してください。
  • ディルク・フレデリック・ウーダ(Dirk Frederik Wouda)がデザインした美しい建物をご覧ください。
  • 地域を自転車で巡ってみたり、レーワルデンを訪れてください。

蒸気の力

ワウダ蒸気式揚水場は、フリースランド州の余剰水を揚水するために建設され、最大毎分4000 m³、毎日600万m³の揚水能力があります。かつては揚水と同時に、干拓も行っていましたが、その役割は時代と共に消えていきます。現在では、1年に1週間稼働させています。

技術と工業デザイン

レメルにあるD.F.ワウダ蒸気式揚水場は、これまでに建設された世界最大の、そして現在でもその役割を果たす唯一の蒸気式揚水場です。世界中のテクノロジー・ファンが、この素晴らしい工業デザインを見学するツアーに参加しています。

近場の見所をご覧ください
D.F.ワウダ蒸気式揚水場
住所: 
Gemaalweg 1
8531PS Lemmer
ウェブサイトをご覧ください
ウェブサイトをご覧ください