© Staatsbosbeheer
自然

ウェーリッベン=ウィデン国立公園

65 人中 76 人の訪問者がこの情報が役に立つと考えています。

ウェーリッベン=ウィデン国立公園は、 北西ヨーロッパ最大の湿地帯です。この静かなオアシスは、動植物にとっての楽園です。アシの間をカヌーで探検、あるいは牧草地をサイクリング。湿地へと続く小道をのんびり歩くこともできます。

 ピートとヨシ原

まるで原始の自然のように見えるウェーリッベン=ウィデン国立公園ですが、その大部分は人口的につくられたものです。かつて人々は水中からピートを掘っていました。公園内に並ぶ穴もつくられたもので、大量のピートを掘り出した部分は、湖になっています。ピートが採掘しつくされた場所は今、ヨシ原で覆われています。

湿地の国際的な重要性

ウェーリッベンとデ・ウィデンは、国際的にも重要な意味を持つ湿地です。このエリアには、水鳥の大切な繁殖地が点在しています。この国立公園で、たくさんの鳴鳥やカモを観察しましょう。

動画で発見:ウェーリッベン=ウィデン国立公園