オースタースヘルデ防潮堤

1,095 ビュー

166 人中 216 人の訪問者がこの情報が役に立つと考えています。

印象的なデルタワークスの一部で、施錠できるオースタースヘルデ防潮堤について詳しく学び、ネールチェ・ヤンスを訪れて「世界八番目の不思議」について造詣を深めてください。

  • デルタワークスの最も印象的な建物。
  • デルタパーク・ネールチェ・ヤンスでオースタースヘルデ防潮堤の内部をご覧ください。

おおよそ8kmの長さを誇るオースタースヘルデケリンク(Oosterscheldekering)水門は、スカウウェン=ダイフェラント(Schouwen-Duivelend)やノールト=ベーフェラント(Noord-Beveland)といったゼーラント州の島々を結ぶ特別なダムです。1953年の北海洪水の後、ゼーラント地方を海の水から守るため、デルタ計画の一貫として建設されました。

環境保護

オースタースヘルデケリンク防潮堤は、ユニークかつ国際的な評価を得ている洪水対策プロジェクトです。当初の計画は全閉ダムを必要としていたのですが、反対意見が数多くありました。というのは、ダムで堰き止められた海水の塩分濃度が低下し、そのために海水魚や海水植物が失われてしまう恐れがあったからでした。

舞台裏を見学

防潮堤の印象的な景色は、旧ネールチェ・ヤンスから眺めることができます。この人工島はオースタースヘルデケリンク防潮堤プロジェクトのために特別に建設されました。水門をもっと間近で見てみたいですか?それならデルタパーク・ネールチェ・ヤンスを訪れてください。デルタワークス・プロジェクトについて詳しく学べるだけでなく、家族全員で楽しめるアトラクションが設置されたウォーターパークでもあります。

可動水門

それが理由で、この水門は、緊急時にのみ閉門する設計へと変更されたのでした。可動部は約3kmに渡り、3つのゲート式水路開口部に分かれています。巨大な杭が、上がると開き、下がると閉じる水門を支えています。オランダの水力工学が見事に体現されているこの設備は、一見の価値があります。

近場の見所をご覧ください
オースタースヘルデ防潮堤