ワデン海 - Holland.com
写真: © Karina Mannott
ワデン海エリア

ワデン海

水が創り出した様々な風景の中でも、ワデン海は最もユニークな創造物に違いありません。オランダの北のエリアは、素晴らしい生物多様性を持つ潮間帯です。

  • ワッデン海諸島の1つ、テセル島はワッデン海の最西端に位置しています。
  • ワッデン海は「わずか」7,000年前に現在の状態になったばかりの、非常に若い地形です。
  • 毎年1,000万羽近くの渡り鳥が中継地としてワッデン海を利用しています。

テッセル、フリーランド、テルスヘリング、アーメランド、スヒールモニクオーホは、ワデン海に浮かぶオランダフリジアン諸島の5島です。これらの島々は、レクリエーション、スポーツ、自然を求める人々にとても人気があります。

オランダフリジアン諸島まで泥歩き

サイクリング、ウォーキング、バードウォッチング、釣り、(パラ)セーリング、(カイト)サーフィン、ボート、水泳、ウォーター・スキーなどと並んで、非常に人気のあるアクティビティーが「ワデローペン」(泥歩き)です。島と島の間、あるいは本土から島までを、引き潮の時間帯にガイドとともに歩いて渡るユニークなツアーです。引き潮と満ち潮が創り出す、全く異なる世界を目の当たりにすることができます。勿論、ビーチでのんびりと過ごすにも最適な場所なので、リラックス目当ての人にもおすすめです。

世界遺産に登録されたワデン海

少なくとも10000種類の動植物が、ワデン地方に生息しています。この豊かな生物多様性によって、ワデン海は2009年ユネスコの世界遺産になりました。ワデン諸島は、週末を過ごすにも長い休暇を過ごすにも最適です。若い人、年配の人、そしてのんびりしたい人も、アクティブな冒険をしたい人も楽しめる、人気の高いデスティネーションです。

よくあるご質問

都市

ワデン海エリア

引き潮と満ち潮の間の世界

興味がありましたら詳細をご覧ください