© RBT Heuvelrug & Vallei

オランダの伝統

ネザーランド、あるいはホーランド(オランダ)は、小国にもかかわらず、世界的に浸透したアイコンを多数持っています。球根畑、風車、チーズ市場、木靴、アムステルダムの運河、中世の巨匠たちによる傑作芸術、デルフトブルーの陶器、革新的な治水事業や、自転車の普及などです。オランダの魅力を、知り尽くしましょう。

8つの伝統的なオランダの象徴

伝統

チューリップ

昔、どこにも定着できない花がありました。その花の球根は、カザフスタンの山々からペルシャ、中国、トルコをさまよいました。

© Cynthia De Luna
伝統

風車

世界初の風車は古代に発明されましたが、この木造の巨人と本当に意気投合したのはオランダ人でした。

伝統

運河

運河をクルーズして、違う視点からオランダを楽しんでください。

伝統

デルフトブルー

デルフトブルーは16世紀以来、デルフトの街で生産されている世界的に有名な陶器です。

伝統

チーズ

オランダ人は「チーズヘッド」と呼ばれています。考古学的発掘により、オランダの国土では何千年も前にチーズが作られていたことが証明されています。

巨匠たち

巨匠たちはその絵筆で絵画の芸術を永遠に変えました。

伝統

木靴

オランダといえば木靴です。お土産として家に持ち帰ったり、伝統的な木靴職人の工房を見学してみましょう。

伝統

「11都市スケートマラソン」

世界最大のアイススケートツアー。最初の「11都市スケートマラソン(Elfstedentochten)」は1909年に開催され、現在までに15回開催されました。

ホテル検索 目的地

よくあるご質問