オランダのワイン

1,513 ビュー

80 人中 122 人の訪問者がこの情報が役に立つと考えています。

ブドウの木はオランダでローマ時代から栽培されています。初期の頃のワイン生産者はリムブルクの南部の赤色土壌を主に拠点にしていましたが、今日のオランダには150を超える商業用ブドウ園があります。ブドウ園の大部分はヘルダーランドの砂土やリムブルクの丘陵地帯にありますが、今日では美味しいワインはフローニンゲンでも生産されています。

  • オランダでさまざまなブドウ園を発見してください。
  • ブドウ園はフローニンゲンからマーストリヒトまで広がる丘陵地帯にあります。
  • 特別な、近代的なぶどう品種を味わってください。

適切なブドウの種類

オランダの白ワインと赤ワインの総生産量はおよそ900,000リットルです。しかしながら、オランダの気候はメルローやカベルネ・ソーヴィニヨンなどの伝統的なブドウの品種には適していないため、オランダ人は寒い気候により適した丈夫なブドウの品種を主に生産しています。ピノ・ブラン、ピノ・グリ、シャルドネなどの昔ながらの品種もあれば、リージェント、カヴェルネ・カントル、ピノティン、リーゼル、カベルネ・フランなどの新しい品種もあります。

ブドウ園の見学

オランダには見学できるブドウ園がたくさんあります。現地の観光(VVV)案内所に問い合わせて、お勧めのところをお訊きください。ブドウ園を見学する際には、通常、事前に予約する必要があることにご注意ください。

リンブルフ州のワイン造り

ほとんどのブドウ園はオランダ南部にあります。面積が90ヘクタールを超え、リンブルフ州は、オランダの主要なブドウ栽培地域となっています。マーストリヒト周辺の丘陵には有数のブドウ園が数 この地域の料理の評判に一役買っています。