聖ピータース教会(Pieterskerk)

389 ビュー

聖ピータース教会(Pieterskerk)

ライデンに滞在していたら、聖ピータース教会の中に入ってみてください。ライデンで最も古い教会であり、長い歴史を持つ美しい史跡トです。教会は1121年に伯爵のチャペルとして建てられ、その後、印象的な内装、ステンドグラスの窓、16世紀のオルガンがあるかなり大きい教会に進化しました。

読む

ライデンに滞在していたら、聖ピータース教会の中に入ってみてください。ライデンで最も古い教会であり、長い歴史を持つ美しい史跡トです。教会は1121年に伯爵のチャペルとして建てられ、その後、印象的な内装、ステンドグラスの窓、16世紀のオルガンがあるかなり大きい教会に進化しました。

  • ライデンで最古の教会を訪れてみましょう。
  • 巨匠ヤン・ステーンが眠る墓は必見です。
  • 中世の宝物をご覧ください。

ヤン・ステーン(Jan Steen)の墓

聖ピータース教会は、1566年、聖像破壊運動(Beeldenstorm)でもダメージを受けました。カトリック教会の内装は破壊されましたが、6年後にはプロテスタント教会として使われました。今日では、教会は後期ゴシックの説教檀や約10個の記念石を含む特別な史的記念物でいっぱいです。巨匠のヤン・ステーンの墓もここの教会にあります。

聖ピータース教会見学ツアー

ライデンの聖ピータース教会(Pieterskerk)は、イベントが予定されている場合を除き一般にも公開されています。入場料は3ユーロで、任意の寄付を受け付けています。このライデンの都会のアイコンの歴史について、スタッフが喜んで説明してくれることでしょう。 事前予約のガイドツアーは75ユーロ(税込み)。各ツアーの定員は15名です。

近場の見所をご覧ください
聖ピータース教会(Pieterskerk)