フリジア語

590 ビュー

4 人中 6 人の訪問者がこの情報が役に立つと考えています。

Fryslân, dêr bin ik hikke en tein(私が生まれ育ったフリースラント州)。フリースランドの人々は、その独自の伝統文化をとても誇りにしています。 独自の言語であるフリジア語もそのひとつ。この言語は今日でも、多くのフリースランド人に使われており、オランダの第二公用語とされています。

  • フリースラントの公用語の1つである、フリジア語。
  • フリジア語の単語をいくつか覚えて、地元の人を驚かしてみましょう。
  • 町や村にも、フリジア語とオランダ語の2つの名前が付いていることが少なくありません。

オランダ語とフリジア語

フリースランド州を旅行していて、全く言葉が通じないという事は決してありません。殆どのフリースランド人は、英語とオランダ語も話します。フリジア語は、英語と同じ系統の言語の為、たくさんの共通点があります。フリースラントのほとんどの町や村には、フリジア語の名前が付いています。フリースラントの公用語は2つあるため、街の標識にはフリジア語とオランダ語が併記されています。ですから、レーワルデンの人が「あなたは今『Ljouwert』(レーワルデンのフリジア語読み)にいる」と言ったり、スネークをフリジア名の「Snits」(スニッツ)と呼んだとしても驚かないでください。

フリジア語でひとこと!

どの言語でもそうですが、フリースランドの人々も旅行者の片言のフリジア語を聞くと、とても喜びます。正しく話す事でなく、話そうとする気持ちが大切。あたなも試してみませんか? フリジア語で挨拶する場合、「こんにちは」は「goeie」、「さようなら」は「oan’t sjen」または「sjoddy」です。誰かにお祝いを言う場合は、「fan herte lokwinske」と伝えてください。「Alstublieft」( お願いします)や「dank u wel」(ありがとう)は「asjebleaft」と「tankewol」です。

Bûter, brea en griene tsiis

Bûter, brea en griene tsiis, wat’dat net sizze kin is gjin oprjochte Fries (バター、パンとグリーンチーズ。これが発音できないなら本物のフリジア人ではないでしょう)。中世フリジア人の民衆の英雄ビーア・カルロフ・ドーニア(フリジア語でGrutte Pier、「巨大なビーア」の意)は、この文章を声に出すように人々に求めました。彼はオランダ人とサクソン人に立ち向かって戦いました。本物のフリジア人のみがこの文章を正しく発音できたため、当然フリース人のふりをした敵は失敗して捕らえられました。ビーア・カルロフ・ドーニアの巨大な剣は、今でもフリース博物館に展示されています。

フリースラントの宿泊施設

フリースラントで休暇をお過ごしになりますか?フリースラントでは、どんな嗜好にもご予算にも合う宿泊施設が見つかります。こちらから総合的なホテルのセレクションをご覧いただき、素晴らしい休暇をお過ごしください!