デルフトブルー

デルフトブルーは16世紀以来、デルフトの街で生産されている世界的に有名な陶器です。1600年から1800年頃までの間、この陶器は裕福な人々の間で人気があり、彼らはお互いに自分のデルフトブルーのコレクションを自慢し合っていました。ただ、デルフト焼きの陶工はこの陶器をむしろ“磁器”と呼びたがっていましたが、実際のところは本物の中国磁器の廉価版といったところでした。デルフトブルーは通常の磁土で作られていたわけではなく、焼いたあとにスズのグレーズでコートされていました。それでもデルフトブルーは非常に高い人気を得て、その最盛時にはデルフトに33の工房が存在していましたが、現在まで残っているのは「デ・ポルセライネ・フレス」ただ一つとなっています。
© Royal Delft
伝統

ロイヤルデルフト

デルフトの地において17世紀から続く、唯一のデルフト陶器工房を是非ご訪問ください

伝統

デ・デルフト・パウ

何世紀にもわたり、手作業で絵付けされるデルフト陶器がこの特別な工房で限定的に製造されています。

© Sesana

デルフト

デルフトは、ヨハネス・フェルメールやデルフト焼き陶器で世界に知られています。

Delft Blue clogs
伝統

デルフト・ブルーの歴史

デルフトと言えば、多くの人は世界的に有名なデルフトブルーを思い浮かべます。デルフトブルーの由来と、どこでこの有名な陶器を見れるかについてご確認ください。