ヤン・ステーン

815 ビュー

1 人中 1 人の訪問者がこの情報が役に立つと考えています。

ヤン・ステーン

ヤン・ステーンの人生については、あまり多くの事がわかっていません。ニコラウス・クヌップファーに師事、アドリアーン・ファン・オスターデに影響を受け、デン・ハーグでヤン・ファン・ゴイエンとアトリエを構えました。その後、ゴイエンの娘マルグリートと結婚し、8人の子供を授かります。1669年にマグリートが亡くなると、マリア・ファン・エグモントと再婚し、2人の子供をもうけました。ヤン・ステーンはライデン、ハーグ、ハーレム、デルフトに居住。醸造所と居酒屋を経営し、ライデンの画家のギルド「セント・リューク」のギルド長も務めました。

読む

「ヤン・ステーンの一家みたいだ」というのは典型的なオランダの諺で、家が散らかっているときに使います。ヤン・ステーンの描いた生き生きとした、雑然とした絵画には、いつでも何か新しいものを見いだすことができるでしょう。ヤン・ステーンの作品はラーケンハル市立博物館、フランス・ハルス美術館、アムステルダム国立美術館、マウリッツハイス美術館でご覧になれます。 

  • 1625年または1626年、ライデンでヤン・ステーンは生まれました。
  • 日常生活の雑然とした場面を描いた風俗画で世界的に知られています。
  • ヤン・ステーンの作品は、ラーケンハル市立博物館、アムステルダム国立美術館、フランス・ハルス美術館、マウリッツハイス美術館でご覧になれます。

ヤン・ステーンの人生

ヤン・ステーンの人生については、あまり多くの事がわかっていません。ニコラウス・クヌップファーに師事、アドリアーン・ファン・オスターデに影響を受け、デン・ハーグでヤン・ファン・ゴイエンとアトリエを構えました。その後、ゴイエンの娘マルグリートと結婚し、8人の子供を授かります。1669年にマグリートが亡くなると、マリア・ファン・エグモントと再婚し、2人の子供をもうけました。ヤン・ステーンはライデン、ハーグ、ハーレム、デルフトに居住。醸造所と居酒屋を経営し、ライデンの画家のギルド「セント・リューク」のギルド長も務めました。 

ヤン・ステーンの作品 

ヤン・ステーンは、天才的な構図と優れた技術で、人々の煩雑とした日常を描きました。一見すると、単に面白い絵なのですが、その詳細には日常の態度に対する小さな教訓や、忠告が散りばめられています。 

ヤン・ステーンは、少なくとも400点の作品を描きました。そのテーマはさまざまで、歴史、神話、自然、宗教、肖像画、静物画などです。しかし、最も知られたのは風俗画です。オランダでは「ヤン・ステーンのような家」という表現がありますが、それは、煩雑で無秩序な家、という意味です。 

ヤン・ステーンの作品を見るには 

ヤン・ステーンの作品は、ライデンのデ・ラーケンハル市立美術館、アムステルダムの国立博物館、ハーレムのフランス・ハルス美術館、そして、デン・ハーグのマウリッツハウス美術館で見る事が出来ます。

近場の見所をご覧ください
ヤン・ステーン