デルタ―ワークス

1,541 ビュー

366 人中 432 人の訪問者がこの情報が役に立つと考えています。

デルタワークスは、世界最大最強の治水構造物建設で、「世界8番目の不思議」との異名もあります。ライン川、マース川、スヘルデ川が流れ込むデルタ地帯を守るため、1953年の大洪水の後に設計されました。

  • デルタワークスの印象的な構成要素である東スヘルデ防潮水門とマースラント防潮水門をご覧ください。
  • ネールチェ・ヤンスを訪れて、デルタワークスや1953年の北海大洪水の夜について学んでください。
  • 「デルタルート」を自転車で下った後は、ゼーラント州の美味しい名物を味わってください。

デルタワークスのおかげで当時のような大洪水が起こる確立は、4000年に1度まで縮小されました。 

1953年の大洪水 

デルタワークスは、1953年の大洪水の後に設計、建設されました。20時間に及ぶ北西からの大嵐で、北海の水位はAOD(アムステルダム標準水位)を4.2メートルも超えました。ゼーランド州の堤防は次々と決壊、死者は2千人を超え、15万ヘクタールの土地が浸水するという大惨事になりました。 

デルタワークス 

デルタワークスの上をドライブする事もできますが、内部からダムの様子を見学することもできます。「ハーリングフリート・エクスポ」と、「デルタパーク・ネールチェ・ヤンス」では、建設工事、この構造物の過去と未来について詳しく知ることができます。

近場の見所をご覧ください
デルタ―ワークス
動画で発見:デルタ―ワークス