オランダのロイヤルファミリー

オランダはかなり若い君主国です。オランダ王国は1815年に建国され、ウィレムI世が最初の君主でした。オランダ最初の国王はオラニエ=ナッサウ家の出身でした。オランダのモットーである‘Je maintiendrai (「我、守り続けん」)’、国旗の色と国の色であるオレンジは、すべてオラニエ=ナッサウ家に関連しています。現在のベアトリクス王女は30年以上にわたって君主として君臨しました。2013年、王女の長男のウィレム=アレクサンダーが王位を継承しました。君主の権限は限られており、女王は不可侵ですが行政権は内閣にあります。君主は中立の立場を取り、政治問題について判断を下すことはありません。

王と彼の家族
ロイヤルファミリー
  • ベアトリクス王女

    ベアトリクス王女はオランダロイヤルファミリーであるオラニエ=ナッサウ家の一員です。ベアトリクス女王は母親であるユリアナ女王の後を継いで、1980年4月30日に即位しました。

    読む
  • クラウス殿下(1926-2002)

    クラウス殿下はベアトリクス女王の夫でした。ウィレム=アレクサンダー、フリーゾ、コンスタンティンという、3人の息子がいます。

    読む
  • フリーゾ王子 (1968 - 2013)

    ベアトリクス王女の二男のフリーゾ・オランダ王子が、2013年8月12日、2012年のスキー事故後の合併症により死去しました。

    読む
  • コンスタンティン王子

    コンスタンティン王子は、ベアトリクス女王と故クラウス王配の末息子で、ブリュッセルに家族と住んでいます。

    読む

クイーンズ・デーを祝う

4月27日、オランダはオレンジ色に染まり「クイーンズ・デー」を祝います。この国民の休日は全国で祝われますが、特にアムステルダムは盛大です。

読む
オランダ王室の城や宮殿を訪れる
  • ノールドアインデ宮

    オランダ王室の執務宮殿として使われています。1609年、国がオラニエ公ウィレム1世の未亡人にこの宮殿を贈与して以来、現在にいたるまでオランダ王室の執務宮殿として使われています。

    読む
  • 王宮

    アムステルダムの心臓部にある王宮

    読む
  • ヘット・ロー宮殿

    素晴らしい庭園を持つ、壮麗な宮殿。

    読む