オランダのロイヤルファミリー

オランダはかなり若い君主国です。オランダ王国は1815年に建国され、ウィレムI世が最初の君主でした。オランダ最初の国王はオラニエ=ナッサウ家の出身でした。オランダのモットーである‘Je maintiendrai (「我、守り続けん」)’、国旗の色と国の色であるオレンジは、すべてオラニエ=ナッサウ家に関連しています。現在のベアトリクス王女は30年以上にわたって君主として君臨しました。2013年、王女の長男のウィレム=アレクサンダーが王位を継承しました。君主の権限は限られており、女王は不可侵ですが行政権は内閣にあります。君主は中立の立場を取り、政治問題について判断を下すことはありません。

王と彼の家族

ウィレム=アレクサンダー王

2013年以降ベアトリクスの王位継承者、ウィレム=アレクサンダー王

マキシマ女王

マキシマ・ソレギエタ、ウィレム=アレクサンダー王妃

© RVD / Wesley de Wit

ウィレム=アレクサンダー王とマキシマ王妃の子供たち

国王と王妃の子供たちのアマリア王女、アレクシア王女、そしてアリアーネ王女について詳しくお読みください。

ロイヤルファミリー

4月27日、オランダはオレンジ色に染まり「クイーンズ・デー」を祝います。この国民の休日は全国で祝われますが、特にアムステルダムは盛大です。

オランダ王室の城や宮殿を訪れる

ノールドアインデ宮

オランダ王室の執務宮殿として使われています。1609年、国がオラニエ公ウィレム1世の未亡人にこの宮殿を贈与して以来、現在にいたるまでオランダ王室の執務宮殿として使われています。

View of Dam square and the royal Palace

王宮

アムステルダムの心臓部にある王宮

ヘット・ロー宮殿

素晴らしい庭園を持つ、壮麗な宮殿。

ドラーケンスタイン城

ドラーケンスタイン城は、スーストダイク宮殿のすぐ近くに位置しています。

スストダイク宮殿

バールンにある、王家が居を構えた宮殿。

ハウステンボス

デン・ハーグのハウステンボス宮殿はウィレム=アレクサンダー王とそのご家族がお住いの王宮です。